ブログ

2013年5月20日

耐震補強

カテゴリー: 耐震 木材

君津のリフォーム現場では 耐震補強工事を進めています。
この家はログハウスなのですが、材木はすべて青森ヒバでできています。壁材は厚みが120mmあり、大量に青森ヒバを使っているのでいまだに青森ヒバの良い香りが 漂っています。
青森ヒバは日本に生えている樹木の中で最も腐りにくく、シロアリのつきにくい材木の一つで昔から建築材に重宝されてきました。青森ヒバは ねじれる木で 長さ方向も かなり縮む 扱いの難しい木です。ひとまわり 大きく引いて一年ぐらい 乾燥させなければ 使えないのです。ちょっと前までは 青森ヒバを土台に使っていましたが 関東には流通しなくなってしまいましたので 使わなくなってしまいました。
ログハウスは 小屋裏を大きく使うことが多いので 通常の二階建ての場合は あまり考慮しませんが 小屋裏の耐震を しっかり考えて おいた方がよいです。
一階耐力壁が足りない部分は 筋違補強 金物補強をして 合板上張り。とごく一般的な耐震補強をして完了。あとは 仕上げの青森ヒバの 壁材を 張っていきます。
大工む

2013年5月15日

デカい梁で構造補強

カテゴリー: 耐震 木材
タグ:


リフォームで 柱を抜いたり 梁を入れたり 構造をいじることが よくあります。
今回の工事では部屋を 少し大きくするために 柱を抜きました。 梁が 二軒半4.6m飛んでしまうので かなり大きな梁を 補強として 入れました。梁の大きさは  断面が45センチ×12センチ とかなり大きいもの。大きな部屋を 作る時用に倉庫の片隅で 眠っていました。 最近は集成材が一般的になり 大きな無垢材の梁を 使うことは 少なくなってきました。特に地元杉材では 探してもないので、ある時に買って 在庫しておかないと使えません。

富津の現場では 「構造材に集成材は使わない」と 心密かに決めていましたので 杉材で 良い構造補強ができたと 思っています。
(大工む)

2013年4月25日

K邸 君津のリフォーム

カテゴリー: 耐震 設備

君津のログハウスの キッチン製作と 耐震補強の工事。

ログハウスは 在来軸組工法とは 少し違う建築の法律があり 耐震などの評価をします。私はログハウスを作ったことはないので、素人感覚で言わせてもらうと かなり地震には 強いんじゃないかなー。 初めから 材料を 横にして使っているわけだし。
今回の君津の家では 間仕切り壁の補強と 大きな小屋裏 の補強。
耐震診断と補強計画は「建築Gメンの会 」の設計士さんです。優しそうな人で 一安心しつつ、工事開始〜。

キッチンは 青森ヒバと御影石の天板。良い匂いです。
大工む