ブログ

2017年10月19日

千葉県森林組合のバスツアー。

千葉県森林組合の バスツアーが 10月21日に開催されます。(申し込みまだ間に合うかも) 村上建築工房からは 稲吉サンタローが参加しますのでよろしくお願いします。

鈴木左官さんとサンタロー 荻窪で自炊

サンタローは 京都出身の27歳で 大阪の大学を卒業後 職人の道へ入りました。もう5年目の職人なので 一人で現場を仕切ることもあるアップカマーです。家作りの疑問、質問ありましたら 声かけてください。

「その土地の気候・風土で育った木でつくる家は丈夫で長持ちします。」とよく言われますが 「本当にそうなの?」と聞かれると 「はい間違いありません。」とは言いづらいです。「たぶん、昔から 言われているし、尊敬する大工も・・・。」

ちばの木で家を建てると 自分が払ったお金が 身近な山の 整備や保全に少し役にたちます。と これは もごもごせずに 言えそうです。

2016年12月30日

良いお年をお過ごしください

カテゴリー: イベント 作業場にて

きょうは、恒例のお餅つき。
今年はじめましてのお施主さん、遠い現場まで作業に入ってもらった職人さん、毎年ここで必ず会えるお施主さん。とにかく皆さんでお餅を搗きました。img_3423-640x427
お刺身、お肉、ミートパイにアップルパイ、タコスやケーキ、まだまだあります。たくさんのごちそうと皆さんのお話で、一年の締めくくりができました。img_3437
一年の仕事の振り返りをちょっとしたボードにして、掛けました。img_3415
皆様、来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2016年12月12日

オープンハウス終了

カテゴリー: イベント

「太田代さんの家」 見学会終了しました。

この家で 学んだり 気付かされたりが 結構 ありました。

今回は フローリングの加工を 村上建築工房の 作業場で 行ったのですが フローリングを作るって あんまりやりません。 リビングの延長のような縁側空間にしよう ということで デッキ材を フローリングに加工しました。フローリングは 木の乾燥の度合いや 動きが シビアに出てくるので 結構気を使います。img_20161210_205059-1

何かあっても フォーローしてくれそうな お施主さんと設計士さんだったので  いろいろできたんじゃないかと思っています。

あと この家は デコボコしてるし 段差があるので すっきりしてないし 掃除もしやすいほうではないだろう。(できたばっかりの 新築住宅に言うことではないが・・・)でも 掃除のしやすさよりも 素材感があって 木や石や紙が 経年変化で 美しく変わっていくような よい家になっていると思う。
img_20161210_204853

2016年12月6日

オープンハウス

カテゴリー: イベント

千葉県一宮町で 施工していた 「太田代さんの家」が完成しまして オープンハウスをすることとなりました。

12/10です。詳しくはこちら

設計は ニコ設計室さん。img_9413

初めて一緒に仕事をする設計事務所さんだと 僕らのほうも緊張感があったり ピリピリするものですけど 今回はそういうのはなかったなぁ。ニコ設計室の西久保さんの雰囲気でかも。

担当の長谷川君にも 「くらいついていけ!」と 指示だししただけで。

 

 

この「太田代さんの家」は デコボコしていたり ざらっとしていたりします。すっきりとかフラット とかはないです。白壁もありません。この辺は 見ていただかないと伝えきれないです。

見学会では 床タイルのデコボコに つまずかないように ご注意ください。

 

 

 

 

 

2016年11月17日

古民家完成内覧会

古民家の現場が 終わりましたので 内覧会をします。興味のある方は 連絡してください。

11/19(土)10:00~14:00 現場は村上建築工房 事務所から車で10分ぐらいです。

img_20160421_114614

 

この現場はいろいろ困難がありましたが 現場に2トンダンプが 入れないというのが 結構大変でした。

基礎屋さんも現場を見て 忙しくなってしまいましたので 大工施工の基礎となりました。img_5450

古民家の直し仕事は 木組みが弱くなるような変更は 禁じ手となっています。例えば 柱を抜いたり 梁を取ったりは 極力しないようにしています。180年倒れずに立って来たという事実を 尊重してのこと。この現場は 180年前の木組と 昭和35年ころの屋根替え工事の整合性が とれていなかったので どっちかを選択すしかありませんでした。180年前の木組みを尊重し 昭和35年の工事を修正して 全体としては 納まったかなと思います。

img_5478-1

屋根は 昭和35年に葺いた 地の瓦を 再利用しています。 一度全部おろして チェック、掃除、釘穴あけ。割れたりした瓦は交換して 葺き直しました。古瓦を再利用しているので 工事代金安くなりそうですが 手間が・・・・。 しかし 新しい瓦で このような味は だせんわな。

img_5465

2016年4月12日

職人設計ワークショップ2

カテゴリー: イベント 作業場にて
タグ: ,

続きです。
自分で作ったプランを 模型にして プレゼンテーションする。

職人ではありますが、模型作りは 素人のようなもの。模型作りの基本・使う道具等、簡単にレクチャーしてもらいスタート。

今回は 時間の制約もあることから 1/00の模型を製作

植栽や人形を入れるとなんか それらしく見えてきます。

夜の7時ごろに 何とかみんな完成して 食事をしながら 発表会。

少々のお酒が入ると みなさん 饒舌になりますよね。
この講習会の目的は 設計屋さんのように 設計がうまくなることではなく コミミュニケーション能力のアップです。寡黙な職人じゃーね。