ブログ

2017年6月11日

曲木

カテゴリー: 木材 おもしろ仕事

木は お湯につけると柔らかくなり曲げやすくなる性質があります。

家具屋さんが木を曲げて椅子を作ったり、船大工さんが作る木造船は 木のそんな性質を利用しています。

木を曲げて使うというのを 大工は やったことがない人が多いんじゃないかと思います。僕もそうで 「いつか どこかで チャンスがあれば」 と思っていましたが 永福の家がその時になりました。

図面をはじめに見たときに 秘かに この家の玄関框は曲木をしようと決めていました。そんなにきついカーブじゃないし 試しにやってみるにはちょうどいい難易度。

新しい試みをする場合はまず その装置作り。今回は大工だったら誰もが持っている 道具で。

柱の養生カバーで断熱しつつ 研ぎ水を温めるヒーター2個で お湯を作る。塩ビの雨樋が熱に対して 不安がありましたが 大丈夫でした。

こんな安直システムで 曲がるのか?という 作業場の大工の視線をよそに。

曲がりました。40mm角のチェリー(桜)がグニャリと。意外と簡単で 次はもう少し きつい曲率でも行けそうです。

2017年4月11日

実験

日ごろ 普通の木造ばかりやっていると 変な木組み に出会うことはなかなかありません。 たまーに 「こんなの もちますかね?」と。

見たことない構造だし あんまり 合理的ともいえないし  わかりません。カンで 答えられるような 問題じゃないよね。

というわけで 「実験」

実験と言っても簡単な仕掛け。重りを載せて 引っ張ってみるだけです。

強さのわかっている筋交い壁と 比べてみる。

「おお 結構強い。 弱そうで強かった。」

同席してくれた大学の先生の 予測や解説が結構 的を得ていて びっくりした。僕らにとっては カンを磨く 良い一日でした。

2016年3月24日

ツリーハウス1

カテゴリー: 木材 おもしろ仕事

少し前から 作業場の片隅が 占拠され ちょっと変わったものが 作られている。

設計・施工 樋口サイド + その仲間たち
ぼくも 「その仲間たち」の一人として参加

この物体はツリーハウスといいます。立木の高い位置に 取り付けて その雰囲気を楽しむもの。
このツリーハウスは 「根曲がり材」を活用しているのが特徴です。

「根曲がり材」という いまでは ほとんど活用されなくなった 杉の木の根っこに近い部分。根曲がり材は 山の斜面が急で 雪深い場所に生えています。 変な風に 製材してしまうと 木の中に大きな力をため込んでいるので 製材を間違えると 大きく変形したり 割れたりしてしまいます。昔は 力のかかる木組みにあえて 根曲がり材を 使ったりしていましたが 今では 手間がかかることが 理由で あまり使われていません。

2016年3月21日

Wハウス

カテゴリー: おもしろ仕事
タグ: , ,

少し前のことになりますが ちょっと変わった構造の建物を上棟しました。場所は 一宮海岸のすぐちかくで レストランになる予定です。
設計は かめ設計室 + 建築集団 海賊
施工は 建築集団 海賊 + その仲間たち

ぼくも「その仲間たち」の一人として参加。

今日の棟梁は 村上さんですか? と聞かれましたが いいえ 違います。
伊藤アキラか? 高柳テッペイか? どちらも 棟梁と言えるほどではない。 しかし あれよあれよという間に 構造体は 組みあがっていく。16:30には 予定の工程を終了〜。
頭のいない フラーットなチームでの上棟でした。

2014年3月22日

手伝い仕事3

カテゴリー: 外構 おもしろ仕事

手伝い仕事も無事終り帰ってきました。大工仕事はほぼ終わり 左官屋さん・塗装屋さんにバトンタッチ。← Previous
実に40日間に及ぶ出張 ご迷惑をおかけしました。
この現場は造園屋が主役の現場で 建築はどちらかというと 脇役です。
現場の近くに 一軒家を借りて 若手造園屋さんが全国から集まって 工事を進めていました。 滝を作ったり、石積階段、植栽 等 普段の仕事では やらないような仕事。こんな現場が 若手職人を成長させてくれるのです。また全員30代で 強力なリーダーがいない フラットな関係 なので みんな明るく 楽しそうでした。
この一軒家に 大工や左官・設計も 寝泊まりしていたので 夜は毎日 『打合せ飲み会』。 そのお世話も 造園屋さんが引き受けてくれたので 頭が上がりません。アッザッース。

僕がいなくとも 南房総の会社・現場は 実にスムーズに流れていたと思う。みんなの成長を実感したと同時に 大工チームが 並列で 必要な時に連動する 有機的な組織に なってきました。 そんな組織を 目指してきたのです。

次は 3ヶ月ぐらい 出張してみようかな。

2014年3月15日

手伝い仕事2

カテゴリー: 外構 おもしろ仕事

ちょっとのつもりが 手伝い仕事から ぬけられなくなってしまいました。
工期が厳しいので 毎日残業です。 最近は 終わりが見えてきたので みんなに 安心感と 一体感が出てきた。
この現場は 敷地の中に 幾つかの建築が 点在しているのですが 最後に一番作りにくそうな 建築が 手付かずで 残っている。
屋根が曲面の 小さな建物で 普通は 原寸を書いて 材料を 刻むのですが 時間がないので 現場合わせで 曲面を 作っていきました。
木工事は これが終われば 終了です。
もうすぐ出張仕事も 終わり 通常業務に 戻れそうです。