ブログ

2020年5月31日

ミノワ杉

友達で 農家の美濃輪さんの家をリフォームしていた時に 

設計は渡辺英さん、大工は筒井さんという チームでのリフォームでした。
このお話は 後ほどお伝えします。

「うちの山に生えている杉の木を 売りたいのだが 見てくれないか」という相談を受けました。こんな話はたまにありますが 大抵は 「買った方が安いよね。」という一言で終わってしまいます。

 

しかし美濃輪さんの山は 山武にあり 有名な山武杉の産地であります。そして直径1mを超えるような大木もあると言います。

 じゃあ ということで 現場にいた大工筒井さんや 木こり 宮地ケン と一緒に山に行ってきました。道路より一段低いところである土地は 山というよりは 谷という感じ。また 管理はされてなくて 長い間 放置されていたのが見て取れます。

 周りの地主さんたちも 立木の値段は 低迷していて よほどの木でないと お金にはならないのを知っています。大木が何本かあっても ぼくらが自分で使う 量はたかが知れているので ケンの親方 山田さんに 見てもらうこととなりました。

山田さんは てきぱきと 高樹齢の木の太さや 長さを目視して お金をはじいていきます。樹齢300年の山武杉ともなると結構な金額になるのですね。

山田さん「細い木は 出しづらいので やめたほうがいい」という。僕が使うのは その細い木ほうなので ここで 手をひいちゃうと つまらないし ここは しつこく食らいついたほうがいいと 直感的に感じたので なにか作戦を立てよう。

 地元の木で建築する場合にネックとなるのが 長い木がないということ。3m、4m、材はあるのですが 5m、6mの長尺物は貴重で 高価なのです。なので とりあえず全部6m材がとれるように 玉ぎっちゃおう という作戦で行くことにしました。

 ちばの木は 水腐れなどが多く 実際に使える木は 3割くらいと言われています。6mの良材が取れる350本ぐらいの木を伐採、製材してもらいました。全部6mの長さの構造材で6寸、8寸、1尺材。

ミノワ杉は すでに現場で 使われています。生っ木ですが ぼくは平気の平左で使っています。少々葉がらし期間が長かったので 所々虫食い穴があります。丸みもあります。そんな欠点もありつつ しびれるような良材があるのです。

牛屋さんの家の車庫は「ミノワ杉」。ほぼ赤身無節の1尺材。こんな6m材はめったにありません。
宮下さんの家屋根修理「ミノワ杉」で補強。6mの1尺材でしかも生っ木。めちゃくちゃ重いです。
2018年3月29日

田舎の鍛冶屋さん

房日新聞を読んで知ったのですが

近所の高梨さんが作る鎌(かま)が

国の伝統工芸品に 指定されました。

 

鍛冶屋さんの作業面白くて

作業場に遊びに行って ずっと見ていても

ぜんぜん飽きないです。

昭和の初めから 作業風景

変わってないんじゃない?

 

「設備をそろえて

沢山作っても売れないし、

注文が 10個、20個たまったら

まとめてつくるだお。

もう60年たっちまったぉ。」

 

という。

 

今回 高梨さんに 包丁を 作ってもらいました。

 

左利き用の柳刃包丁と 出刃包丁。

化粧をして きれいに見せようという感じがない。

粗野というか 最近あんまり見ないタイプのお品ですよ。

 

昔(と言っても17,8年前)高梨さんに 「カンナ作ってやろうか」と言われたときに

「カンナ 沢山持っているので いいです。」と断ったが どんなカンナができるのか 見てみたい気持ちです。

2017年10月10日

家具修行

一週間ほど 家具屋さんに 椅子づくりを習いに行ってきました。。今回は携帯の電波も届かない 山の中に 一週間 缶詰になっていたので 電話・メールの返信できませんでした。ごめんなさい。 (10/1~10/6)

大工と同じように 木を加工してものつくりをする木工家具屋さん。 使う木の種類も違うし 道具も違うので かなり新鮮で 楽しい仕事でした。

家具屋さんの 技術・知識は すごく魅力的で ほしいです。

大工は 木を加工することには 慣れているので ちょっとした訓練で その技術を会得できるんじゃないか?

仕事の範囲が広がって 楽しそうな予感。

2016年11月17日

古民家完成内覧会

古民家の現場が 終わりましたので 内覧会をします。興味のある方は 連絡してください。

11/19(土)10:00~14:00 現場は村上建築工房 事務所から車で10分ぐらいです。

img_20160421_114614

 

この現場はいろいろ困難がありましたが 現場に2トンダンプが 入れないというのが 結構大変でした。

基礎屋さんも現場を見て 忙しくなってしまいましたので 大工施工の基礎となりました。img_5450

古民家の直し仕事は 木組みが弱くなるような変更は 禁じ手となっています。例えば 柱を抜いたり 梁を取ったりは 極力しないようにしています。180年倒れずに立って来たという事実を 尊重してのこと。この現場は 180年前の木組と 昭和35年ころの屋根替え工事の整合性が とれていなかったので どっちかを選択すしかありませんでした。180年前の木組みを尊重し 昭和35年の工事を修正して 全体としては 納まったかなと思います。

img_5478-1

屋根は 昭和35年に葺いた 地の瓦を 再利用しています。 一度全部おろして チェック、掃除、釘穴あけ。割れたりした瓦は交換して 葺き直しました。古瓦を再利用しているので 工事代金安くなりそうですが 手間が・・・・。 しかし 新しい瓦で このような味は だせんわな。

img_5465

2016年9月26日

写真撮影

鋸南の家は竣工からしばらく経ちましたが、竣工写真をやっと撮ることができました。

住宅の単純な木組み、まわりに人工物がほとんどない環境、お施主さんの暮らし方がすごくいい味をだして、鋸南町の家はいい歳をとっていると感じました。kyonanhouse2カメラマンの坂下さんは、村上の同窓であり、建築を学んできた目線からの撮影を そばで見て、とても刺激がありましたね。
kyonanhouse1撮影の後は、施主さんの奥さんの雑穀をふんだんに取り入れた、体にやさしいランチをいただきました。皆 40歳半ばを過ぎると、体にいい食事話から話は健康話に。う~ん、歳を感じます。
ランチですが、予約をすればこの鋸南の家でいただくことができます。『るんた 里山ごはん』 です。

今回撮影した写真は、施工例としてこのホームページにも掲載する予定です。お楽しみに!

(S)

保存

2016年8月12日

経年変化

経年変化で よくなる とか 飴色になっていく とか言いますが。一般の人にはいまいち ピンと来ないんじゃないかな。良い実例がありましたので以下に。

自宅は 中古住宅を少しずつ修理しながら 住んでいるのですが、 床も 少しずつ張り替えています。 ちょっとずつ張り替えているので 変化がよくわかります。 20160812-2写真右側が8年前に 張り替え杉の床板。左側が2年前に張り替えた杉の床板。
8年前の方は 飴色というよりは茶色に近いです。幅木(壁の下の木)は茶色に塗装してあって ほぼ同じ色になっています。2年前の方は飴色と言えます。

経年変化3掃き出し窓の周りの床板は かなり汚れていますが 傷んではいません。窓を閉めるのをよく忘れたりするので 雨が吹き込んでいるのでしょう。削ったりしてきれいにできますが このままでOK。合板の床だと まずかったかも。
20160812-4 庇の野地板を交換しました。ある時期 「合板は節がないからきれいだね」と言って軒裏に貼るのが流行りましたが だめですね。
20160812-5