ブログ

2018年9月24日

化粧品展示ブース

ちょっと前に 化粧品を展示する仮設のブースを作った時のお話。

 

普通 化粧品展示ブースといえば きれいなお姉さんの拡大写真と 大

理石調シートとか 木目調シートで 高級感を かもし出すパターンが一般的。

 

しかし今回のブースの コンセプトは「本物感。」

 

本物とは何ぞや?

 

デザイナー 藤野氏 曰く。

「作り手の顔が見えてこなければならない。」と

「大工さんも千葉だし 会場も ディズニーランド隣のヒルトン東京ベイで千葉だから

千葉の杉でつくろうよ。」と

ちょっと間を 省いていますが 大体こんな感じで

千葉の杉で 仮設の展示ブースを作る ということになった。

 

 

仮設の展示ブースといえども 「本物」ですから 時間かかります。

展示ブースの設置時間は 10時間程度しかない。

「本物ですからもう少し工期を伸ばして・・・。」と言っても

もちろん延ばしてもらえるわけはありません。

 

例えて言うなら 10時間で 「本物」の店舗 を作る様なもの

 

ガチンコで行っても 終わるわけないので 作業場で仮組します。

一度組み立てそれを 分解して会場に運ぶ作戦です。

絶対必要作業。

 

 

棚に埋め込まれる照明も作業場で 点灯。

本番で 「ダウンライトがつきません。」と言っても絶対 許してもらえないので

絶対必要作業。

 

塗装も完ぺきに。

会場の絨毯を塗料で汚したら ほんとにやばいので

絶対必要作業。

ここまでやれば

後は 現場で組み立てるのみ。

 

 

現場では ちょっと遅れた程度で スムーズにいって やれやれです。

 

お姉さんの拡大写真なし 化粧シートなしの 杉板外壁張りと杉の棚板の展示ブース。

高級感が出たかといえば 見る人によるでしょうけど

本物感は ビシビシ出てましたよ!藤野さん。

 

 

実はこの展示ブースには 設計事務所と施工会社の会社案内も

棚に 置いてくれるという話があったので

設計の藤野氏に

「じゃ 会社案内カッコよく作り替えようか」と相談したら

「だめですよ。村上さんたちのダサい会社案内がいいんですよ。

農家の野菜作りましたぁ と同じで 作り手の顔が見えればいいんです。」と言われちまった。

 

※ブースデザイン アトリエハル 藤野敬史

2018年1月17日

金谷の木塀修理2

カテゴリー: 現場だより

木塀を 同じように 再現するのは そんなに難しいことでは ないんです。 同じように 作ればいいだけなんで。

問題は 房州石

房州石というのは現在は 切り出していないので 新しい 房州石というのは ないのです。

今回も 木塀の下に 房州石の延べ石が三段積んであるのですが 風化が激しいものは この機会に 取り替えたいと思っていました。

どうしようかと 思案していたら、 石屋さんが「あるよ」と。

金谷の石屋さんは 古い家や 塀が解体されると 房州石を もらって 置き場にためてあるそうです。

房州の延べ石の寸法は昔からの規格があるので 特に切ったり はつったりしなくても  使えるそうです。

きれいに納まりました。規格化 ってすばらしい! 今の建材で 100年前の建築にぴたりと合うものはちょっと頭に浮かびません。

目地にモルタルやコンクリートが使ってあると 再利用しにくいということで 今回も それらは使わずに 空積みとしました。

2017年10月10日

家具修行

一週間ほど 家具屋さんに 椅子づくりを習いに行ってきました。。今回は携帯の電波も届かない 山の中に 一週間 缶詰になっていたので 電話・メールの返信できませんでした。ごめんなさい。 (10/1~10/6)

大工と同じように 木を加工してものつくりをする木工家具屋さん。 使う木の種類も違うし 道具も違うので かなり新鮮で 楽しい仕事でした。

家具屋さんの 技術・知識は すごく魅力的で ほしいです。

大工は 木を加工することには 慣れているので ちょっとした訓練で その技術を会得できるんじゃないか?

仕事の範囲が広がって 楽しそうな予感。

2017年8月17日

大工の家 その1

カテゴリー: 現場だより 木材

椎野さんが 自分の家を作り始めた。 自分で大工して作る。

どんな家ができるんだろう。家作りは 取捨選択の連続で、椎野さんは何を取って

何をあきらめたのか?気になるところ。

 

以下とりあえず大雑把な概要です。

平屋。これは 奥さんの好み。二階建てよりも少し割高ですが、住みやすさ重視で。

木は千葉県産の杉と桧。屋根は片屋根で ガルバリウム鋼板葺き。

これは 大工の作りやすさと予算重視か?

外壁は杉板。 塗装は家族総出。メンテナンスも自分でできるし、良い選択です。

自分でできるって サイコーです。

ちなみに 椎野さん(一級建築士)設計です。自宅の設計施工サイコーです。

2017年6月11日

曲木

カテゴリー: 木材 おもしろ仕事

木は お湯につけると柔らかくなり曲げやすくなる性質があります。

家具屋さんが木を曲げて椅子を作ったり、船大工さんが作る木造船は 木のそんな性質を利用しています。

木を曲げて使うというのを 大工は やったことがない人が多いんじゃないかと思います。僕もそうで 「いつか どこかで チャンスがあれば」 と思っていましたが 永福の家がその時になりました。

図面をはじめに見たときに 秘かに この家の玄関框は曲木をしようと決めていました。そんなにきついカーブじゃないし 試しにやってみるにはちょうどいい難易度。

新しい試みをする場合はまず その装置作り。今回は大工だったら誰もが持っている 道具で。

柱の養生カバーで断熱しつつ 研ぎ水を温めるヒーター2個で お湯を作る。塩ビの雨樋が熱に対して 不安がありましたが 大丈夫でした。

こんな安直システムで 曲がるのか?という 作業場の大工の視線をよそに。

曲がりました。40mm角のチェリー(桜)がグニャリと。意外と簡単で 次はもう少し きつい曲率でも行けそうです。

2017年4月4日

コンサバトリー

お施主さんに「こんさばとりー を作りたい。」と相談されたのが 始まりで、 「コンサバ・・ですか?」 知りませんでした。

調べたところ 「 建物から突き出したガラスで囲まれた 温室。」とありました。 これは おもしろそう。 「木造でガラスの建築。」と 解釈して 設計スタート。

お施主さんとの打ち合わせ段階では 規制品のアルミサッシなどを使って ガラスを使うような方向でしたが 「なんかそこは 逃げちゃいけないよね。」と徐々に方向転換。

木とガラスと大谷石のかわいらしい 温室ができました。

木構造の加工は 水平や垂直が通っていると やりやすいけれど 斜め材を立体的に 木を組んでいくのは 少し難しくなります。そこで1/3の模型を作って 納まりや高さなど確認。1/3模型で うまく作れれば 原寸で作っても大抵うまくいきます。

 

コンサバトリーは日本で どんな使われ方するのだろう。夏は暑いかな。冬は太陽が出ればけっこう暖かい。友達とお茶を飲んり 本を読んだりかな。