ブログ

2018年11月19日

浴槽の入れ替え

カテゴリー: 現場だより 設備

木製の浴槽 というのは 根強い人気があって

お風呂が好きでゆったり したいという人にお勧めです。

 

壁は桧 石は十和田石 浴槽は高野まき。 19年目にして浴槽交換。

木の浴槽はどのくらいの耐用年数があるのか?とよく聞かれていましたが

経験不足からはっきりしたことは言えませんでした。

10年~15年と いい加減なことを言っていましたが

今回は19年目にして 水洩りがひどくなり 我慢の限界ということで 浴槽を交換することとなりました。

結構長持ちするものです。

 

このリフォームの話を伺ったときに 一番初めに考えたことは 「この19年使った木製の浴槽を 分解したい。」ということ。

木の浴槽を作ったことがないので それががどんな作りになっているのか 知りたいという気持ち。

水が漏っていたのは 一ヶ所だけで後はきれいで まだまだ使えた感じです。

 

材料は 高野まきという木で 昔から 浴槽に使われてきた材料です。

桧は すぐに色が黒くなってしまいますが 高野まきは 色があまり変わらないので 重宝されています。

 

実際 浴槽の各部分を分解してみると 目地が入っている部分と 入っていない部分。ボンドとビスを うまく使っています。

btr

水が上から下に流れてたまらないように 各部の仕事がなされています。

底板の取り付け方法に関しては なるほど と納得のお仕事が施されていました。

木製の浴槽 作れそうです。

 

 

 

 

2017年10月26日

土間キッチンのリフォーム

事務所からの風景。

南房総は 早くも 冬の野菜 菜の花摘み。この近所の農家さんは みんな 菜花やっているので 菜花の生産地。

昔ながらの土間キッチンを改修しています。

「明るくて 温かいキッチンにしたい。」これは 土間キッチンを使っている人みんなが言うことなので よほど 冬は寒いんでしょうね。

ぼくは 秘かに リフォーム工事は うちの得意分野だと思っているのです。「設計して、解体して 作る。」 という一連の作業を自分たちで やっているので。

事務所で案を練っている時よりも 現場で解体しながら 考えていると 良い考えが浮かんでくるのです。。

「壁を壊してみると 外の緑が 良い感じだな」 とか「天井壊してみると 意外と広いな。天井の上がこんなに広い」とか。 解体作業で体を動かしていると 不思議と頭も働き始めるような気がするんですよね。

 

 

2013年10月7日

解体時にできるだけゴミにならないこと

カテゴリー: 木材 内部 設備

キッチンと食品加工場のリフォーム工事
石膏ボードやキッチンパネル等 解体する時に ゴミになるようなものは できるだけ使わない という方針で リフォームしました。
そのような方針を 決めると 使える材料が 杉板しかないのです。クロスはだめ、漆喰や 珪藻土も 石膏ボード下地に塗るので使えない(下地はクロスと同じなのです)。 あと べニアは 燃えるから いいかな?とも思いましたが 結局 全部 杉板ということに なりました。
困ったものが ガスコンロ回りで 不燃物で下地や仕上げをしなければなりません。選択肢は モルタル+タイル 又は モイス+ステンレス板金となり どちらにしようかな と迷いましたが 後者に決定。モイスという建材は土にかえる 建材のようです。

2013年4月25日

K邸 君津のリフォーム

カテゴリー: 耐震 設備

君津のログハウスの キッチン製作と 耐震補強の工事。

ログハウスは 在来軸組工法とは 少し違う建築の法律があり 耐震などの評価をします。私はログハウスを作ったことはないので、素人感覚で言わせてもらうと かなり地震には 強いんじゃないかなー。 初めから 材料を 横にして使っているわけだし。
今回の君津の家では 間仕切り壁の補強と 大きな小屋裏 の補強。
耐震診断と補強計画は「建築Gメンの会 」の設計士さんです。優しそうな人で 一安心しつつ、工事開始〜。

キッチンは 青森ヒバと御影石の天板。良い匂いです。
大工む

2013年4月10日

手作りキッチン

カテゴリー: 設備
タグ:

今作業場では、キッチンが作られています。天板は石、引き出しや、レール式のバスケットもつけられ、大型シンクで、I型のシンプルなものですが組上げられていくと立派です。
それに、内装にあわせて細部に用いられる「青森ヒバ」の香りが凄い。作業場全体が、アロマ~ってほどの強い、それでいて癒される感じです。ちょうど、エッセンシャルオイルでよくある「サイプレス」に似ています。
(S)

2010年8月6日

完成

カテゴリー: 内部 設備

『CLIFF HOUSE』 が完成しました。
坂道を登りながら緑の中にみえる建物をのぞみ、エントランスにたどり着くともう、海は眼の前です。
ドアを開けば、もうリビングの大型建具からは鏡ヶ浦が前面に。想像以上の眺めです。
それとは対称に岩を見ながらの浴室は、また格別の景色。20100806
木構造の重厚感もあり、シンプルな空間の水回りであったり・・・・
設計図面を実際に現場見て、打ち合わせして、またそれを形にする。
そうして完成しました。
(S)