ブログ

2017年10月26日

土間キッチンのリフォーム

タグ:

事務所からの風景。

南房総は 早くも 冬の野菜 菜の花摘み。この近所の農家さんは みんな 菜花やっているので 菜花の生産地。

昔ながらの土間キッチンを改修しています。

「明るくて 温かいキッチンにしたい。」これは 土間キッチンを使っている人みんなが言うことなので よほど 冬は寒いんでしょうね。

ぼくは 秘かに リフォーム工事は うちの得意分野だと思っているのです。「設計して、解体して 作る。」 という一連の作業を自分たちで やっているので。

事務所で案を練っている時よりも 現場で解体しながら 考えていると 良い考えが浮かんでくるのです。。

「壁を壊してみると 外の緑が 良い感じだな」 とか「天井壊してみると 意外と広いな。天井の上がこんなに広い」とか。 解体作業で体を動かしていると 不思議と頭も働き始めるような気がするんですよね。

 

 

2016年8月12日

経年変化

経年変化で よくなる とか 飴色になっていく とか言いますが。一般の人にはいまいち ピンと来ないんじゃないかな。良い実例がありましたので以下に。

自宅は 中古住宅を少しずつ修理しながら 住んでいるのですが、 床も 少しずつ張り替えています。 ちょっとずつ張り替えているので 変化がよくわかります。 20160812-2写真右側が8年前に 張り替え杉の床板。左側が2年前に張り替えた杉の床板。
8年前の方は 飴色というよりは茶色に近いです。幅木(壁の下の木)は茶色に塗装してあって ほぼ同じ色になっています。2年前の方は飴色と言えます。

経年変化3掃き出し窓の周りの床板は かなり汚れていますが 傷んではいません。窓を閉めるのをよく忘れたりするので 雨が吹き込んでいるのでしょう。削ったりしてきれいにできますが このままでOK。合板の床だと まずかったかも。
20160812-4 庇の野地板を交換しました。ある時期 「合板は節がないからきれいだね」と言って軒裏に貼るのが流行りましたが だめですね。
20160812-5

2015年8月21日

館山のリフォーム

館山のリフォーム工事終了しました。

築40年の木造二階建ての家。階段を作って 1階の1部屋と 2階の1部屋をつなぎ 少し独立性を 保てるように考えました。二世帯住宅も 階段を作るスペースができると バリエーションが増えていきますね。
2階ナラ無垢フローリング 壁・天井クロス

階段は 風の通り道になったり 光がさしたり 人が通るという機能以外にも 役に立っているんです。このリフォームでは 階段を付けることにより 1階がすごく明るくなりました。1階床ナラ無垢フローリング 壁・天井クロス
書斎スペース  壁 クロス 本棚 杉  机 タモ

床材はいつでも 体に触れている部分であるので 無垢フローリングが気持ちいいですよ。天井や壁は 予算に応じてお好みで。 漆喰や珪藻土と言っても ボードの上に 2mmしか塗っていませんから。 ○○作用や ○○効果 なんて 知れてますよね。

大工む

2014年8月30日

体育館工事

カテゴリー: 内部

仕事の忙しさも一息です。 体育館木工事、ベニヤ貼りは普段 押入れの中ぐらいしか貼ることがないので 大面積のベニヤ貼りの工事に 初めビビっていたが 意外とスムーズにいって一安心。

足場を取ってみると 感動もので よくこれだけ貼ったものだと思う。職人仲間 監督さん 設計士さんに感謝です。

2014年5月20日

竣工間近 南房総市こども園

カテゴリー: 内部

南房総の三芳こども園工事も 残りわずか。今週から 検査 検査 検査となる。
木工事もあと少し残っているが もう山は越えているので 一息ついている。
木工事の板張りが 少々遅れ気味で  追いまくられてしまった。 板を張ったら 塗装屋さんが待ち構えていて 自然塗料塗り そして家具屋さんがすぐ家具付 フローリング屋さんが 床を張るという具合だった。
後ろで 待っているので 休むわけにはいかない。
野丁場仕事は細かく職種が分かれている。一見能率が悪そうでも 仕事量が多いので 専門分化されていた方が能率がよいのだ。
大工が 天井に杉板を張る作業でも 分業となっていく。ボンドを付ける人 タッカーを打つ人 板を切る人 と細かく分業制となり 能率が上がっていく。
こういう働き方って 結構疲れがたまっていくんです。 このシステムの中で 淡々と無言で ルーティンワークを こなしていく。 うーん。きらいじゃないんですけど。
ゼネコンの現場監督に「あんた 野丁場 向いてるよ。」 と言われちまった。

2014年4月27日

内装工事

カテゴリー: 内部

こども園工事 進み始めました。羽目板を 貼りまくっています。
羽目板とは 室内のに見える杉板の内装材こと。
幼稚園は 廊下の長さが 100メートル以上あるので 内装工事の量も多いです。
杉板の幅は 9センチしかないので 1枚貼っても 9センチしか進みません。
気の遠くなる作業。