ブログ

2018年12月5日

木の家のメンテナンスその2

カテゴリー: 建築いろいろ

家の外壁を木にする。のは最近は減ってきています。
昔は 外壁には 木を張るか 漆喰など左官かのどちらかでした。

昔の家の外壁が木で 古くて傷んでいるイメージがあり
「木の外壁は傷むから 今流行りの サイディングにしちゃって。」
と言われたりします。(田舎では特に)

が ちょっと待ってね。
80年メンテナンスしないでこれたのは 木が外壁として優れているから。
また木を張りましょうという。

右の倉庫は築80年。左の倉庫は築50年。 左倉庫の木の外壁はまだ傷みもないのでそのままに。

木の外壁は 色を塗ってもよいし、塗らなくてもよい。
色は お化粧程度に考えておけばいいんじゃないかな。

新築の時に木の外壁に色を付けて 定期的に塗り替えられる人はあまりいません。
外壁なので足場架けて塗装するのには けっこうお金がいるのです。

木の外壁にするのに 結構大事だと思うのは
・外壁に向いた木を使う
・軒先を出す。
ということ。
小雨が降った程度で 外壁が濡れるというのは あまりよくないです。

また外壁を木にする利点は
・外壁の傷んだ部分だけ取り替えられること。(部分修理)
・同じような木が 50年後もあるだろうということ。(修理可能)
サイディングじゃ 10年後には同じものがないですから。

修理できるように作っておく。
というのが 良い。

2018年11月3日

木の家 木の家具のメンテナンス 1

カテゴリー: 建築いろいろ

木の家や 家具のメンテナンスに 何か した方がいいのか?

と聞かれますが、ほぼ なにもしなくていいんじゃないかと思っています。

カサカサしてるな と思ったら オイルを塗ってあげる程度。

 

自宅のテーブルの板は 知人が 自宅を解体するときに

なにか使えるものは 持っていってくださいと 譲り受けたもの。

 

もはや ワインをこぼしても 醤油をこぼしても 染みになることはありません。

長い間にいろんなものを吸い込んで いるからかな。無塗装で 一年に一回オイル。

 

 

 

 

木の家や木の家具は 新品のうちは汚れが目立って

汚れないような対策を立てようと しますが

そういう対策は しないほうがいいと 断言できます。

汚れないように テーブルクロスをかけるとか 床にジュータン敷くとか。

 

木の家 木の家具は 時が経つにつれて 落ち着きが出てくるので 逆にガシガシ使うのが良いのです。

 

 

同じ杉の床材でも 張ってからの 年数によって 色の違いが結構あるのです。

右側のフローリングは10年物 左側は3年物 どちらも無塗装ですが

裸足で 歩いているので  足裏の油で塗装されているだろう と想像しています。

この床は三年に一回程度オイルです。

 

 

2018年10月27日

竣工

カテゴリー: 建築いろいろ

どうして 竣工間際って

いつも バタバタするんだろう。

そして どうして いつも ギリギリで

間に合っちゃうんだろう。

ほんとに 間際の告知で 申し訳ありませんが

明日 27日見学会です。

明日と言っても 今 26日 23:30です。

すいません。

設計 ニコ設計室 担当 吉本さん

施工 村上建築工房 担当 椎野さん

現場は 葛西なので 興味のある方は 急いで メールください。

murakami@muraken5.com(村上)

 

かっこいいですよ!

あー 今日になってしまいました。

2018年10月20日

競り(せり)

カテゴリー: 建築いろいろ

大工仕事の中で 特に好きな仕事は何だろう。

 

初めて敷地を見に行って 構想(プラン)を練ったり

木組み 架構を考えたりは もちろん 好きですけど

 

丸太を買うのが好きかもしれません。

 

特に市場でセリをして買うのは楽しくて 好きな仕事の1つです。

あの現場で 使うからとか 必要だからとか は全然考えてなく、

「お、いい木だね。」「この木が好き。」という理由で 買うからよいのです。

 

 

今、市場に来ている人の半分は、売れなくてもいい 木が好きだから買う 「趣味おじさん」。

もう半分は、木の売買のプロフェッショナル「プロおじさん」。

 

 

今回の市場で 僕が狙っていたのは この木。大物です。

多分この木が 今回の市場での一番人気で 材積単価も高かった木だとおもいます。

 

この木の競りが始まると 一人の「プロおじさん」が いきなり高い値段で 落しにかかってきた。

会場がザワつき、全員があきらめかけた雰囲気の中で ぼくが唯一その競りに 名乗りを上げて 値をつり上げた。

二回目 値を上げようとしたとき プロおじさんと目が合ってしまい

その気迫と眼光に圧倒され 「趣味おじさん」である自分がへらへらと

一番いい木を持って帰るわけにはいかない。 という気持ちが芽生えてきて この木は断念しました。

 

代わりにこの木の二番玉を競り落とした。

今回競り落とした二本

柾挽きして置いておこう

樹齢は200年以上 2年後くらいには乾燥して使えるかと思います。

 

 

2018年9月24日

化粧品展示ブース

ちょっと前に 化粧品を展示する仮設のブースを作った時のお話。

 

普通 化粧品展示ブースといえば きれいなお姉さんの拡大写真と 大

理石調シートとか 木目調シートで 高級感を かもし出すパターンが一般的。

 

しかし今回のブースの コンセプトは「本物感。」

 

本物とは何ぞや?

 

デザイナー 藤野氏 曰く。

「作り手の顔が見えてこなければならない。」と

「大工さんも千葉だし 会場も ディズニーランド隣のヒルトン東京ベイで千葉だから

千葉の杉でつくろうよ。」と

ちょっと間を 省いていますが 大体こんな感じで

千葉の杉で 仮設の展示ブースを作る ということになった。

 

 

仮設の展示ブースといえども 「本物」ですから 時間かかります。

展示ブースの設置時間は 10時間程度しかない。

「本物ですからもう少し工期を伸ばして・・・。」と言っても

もちろん延ばしてもらえるわけはありません。

 

例えて言うなら 10時間で 「本物」の店舗 を作る様なもの

 

ガチンコで行っても 終わるわけないので 作業場で仮組します。

一度組み立てそれを 分解して会場に運ぶ作戦です。

絶対必要作業。

 

 

棚に埋め込まれる照明も作業場で 点灯。

本番で 「ダウンライトがつきません。」と言っても絶対 許してもらえないので

絶対必要作業。

 

塗装も完ぺきに。

会場の絨毯を塗料で汚したら ほんとにやばいので

絶対必要作業。

ここまでやれば

後は 現場で組み立てるのみ。

 

 

現場では ちょっと遅れた程度で スムーズにいって やれやれです。

 

お姉さんの拡大写真なし 化粧シートなしの 杉板外壁張りと杉の棚板の展示ブース。

高級感が出たかといえば 見る人によるでしょうけど

本物感は ビシビシ出てましたよ!藤野さん。

 

 

実はこの展示ブースには 設計事務所と施工会社の会社案内も

棚に 置いてくれるという話があったので

設計の藤野氏に

「じゃ 会社案内カッコよく作り替えようか」と相談したら

「だめですよ。村上さんたちのダサい会社案内がいいんですよ。

農家の野菜作りましたぁ と同じで 作り手の顔が見えればいいんです。」と言われちまった。

 

※ブースデザイン アトリエハル 藤野敬史

2018年9月16日

広報 南房総 

カテゴリー: 建築いろいろ

「広報 みなみぼうそう」の 広告欄。

今年から始めた 宣伝活動の1つで 毎月一度締め切りがやってくる。

なぜか ちょうど忙しい時に やってくるこの締め切りに 四苦八苦して

何かおしらせしたいことはないか頭をひねる。

 

今回は ぼくらの 仕事のスタンスを表す言葉を 四字熟語にしてみました。

「未来構想」

設計段階では やっぱり明るい未来を構想して 大きく風呂敷を広げたいと思ています。

ダメもとですが一度は大きく。

そこから出来ること出来ないこと選別しながら 縮んでいくんでしょうね。

この作業は結構寂しい作業ではありますが。

 

「手練手練」

手で考える、手で練る連中。という意味で 自画自賛の四字熟語。

うちは 作るのだけは 人任せにしないよね。

仕事がたくさんあるから 人を集めて 仕事をこなすというよりは

待ってもらって順番に 仕事をしていくスタイル。

 

「試行錯誤」

結構してるんです試行錯誤。設計中も建設中も 失敗も多数。

既製品をあまり使わずにやりたいのですが

これが試行錯誤の原因ではあります。

おおらかな目で見守ってほしいと思っています。

 

「未完竣工」

これはぼくの個人的な意見ですが 無理に完成形に持っていかなくても いいんじゃないかな。

ちょっとずつ完成させるとか 日々心地よい住処に変えていくというか。

「未完竣工」でもまあいいか という考えが 広がってほしいなあ。