ブログ

2018年9月24日

化粧品展示ブース

ちょっと前に 化粧品を展示する仮設のブースを作った時のお話。

 

普通 化粧品展示ブースといえば きれいなお姉さんの拡大写真と 大

理石調シートとか 木目調シートで 高級感を かもし出すパターンが一般的。

 

しかし今回のブースの コンセプトは「本物感。」

 

本物とは何ぞや?

 

デザイナー 藤野氏 曰く。

「作り手の顔が見えてこなければならない。」と

「大工さんも千葉だし 会場も ディズニーランド隣のヒルトン東京ベイで千葉だから

千葉の杉でつくろうよ。」と

ちょっと間を 省いていますが 大体こんな感じで

千葉の杉で 仮設の展示ブースを作る ということになった。

 

 

仮設の展示ブースといえども 「本物」ですから 時間かかります。

展示ブースの設置時間は 10時間程度しかない。

「本物ですからもう少し工期を伸ばして・・・。」と言っても

もちろん延ばしてもらえるわけはありません。

 

例えて言うなら 10時間で 「本物」の店舗 を作る様なもの

 

ガチンコで行っても 終わるわけないので 作業場で仮組します。

一度組み立てそれを 分解して会場に運ぶ作戦です。

絶対必要作業。

 

 

棚に埋め込まれる照明も作業場で 点灯。

本番で 「ダウンライトがつきません。」と言っても絶対 許してもらえないので

絶対必要作業。

 

塗装も完ぺきに。

会場の絨毯を塗料で汚したら ほんとにやばいので

絶対必要作業。

ここまでやれば

後は 現場で組み立てるのみ。

 

 

現場では ちょっと遅れた程度で スムーズにいって やれやれです。

 

お姉さんの拡大写真なし 化粧シートなしの 杉板外壁張りと杉の棚板の展示ブース。

高級感が出たかといえば 見る人によるでしょうけど

本物感は ビシビシ出てましたよ!藤野さん。

 

 

実はこの展示ブースには 設計事務所と施工会社の会社案内も

棚に 置いてくれるという話があったので

設計の藤野氏に

「じゃ 会社案内カッコよく作り替えようか」と相談したら

「だめですよ。村上さんたちのダサい会社案内がいいんですよ。

農家の野菜作りましたぁ と同じで 作り手の顔が見えればいいんです。」と言われちまった。

 

※ブースデザイン アトリエハル 藤野敬史

2018年9月16日

広報 南房総 

カテゴリー: 建築いろいろ

「広報 みなみぼうそう」の 広告欄。

今年から始めた 宣伝活動の1つで 毎月一度締め切りがやってくる。

なぜか ちょうど忙しい時に やってくるこの締め切りに 四苦八苦して

何かおしらせしたいことはないか頭をひねる。

 

今回は ぼくらの 仕事のスタンスを表す言葉を 四字熟語にしてみました。

「未来構想」

設計段階では やっぱり明るい未来を構想して 大きく風呂敷を広げたいと思ています。

ダメもとですが一度は大きく。

そこから出来ること出来ないこと選別しながら 縮んでいくんでしょうね。

この作業は結構寂しい作業ではありますが。

 

「手練手練」

手で考える、手で練る連中。という意味で 自画自賛の四字熟語。

うちは 作るのだけは 人任せにしないよね。

仕事がたくさんあるから 人を集めて 仕事をこなすというよりは

待ってもらって順番に 仕事をしていくスタイル。

 

「試行錯誤」

結構してるんです試行錯誤。設計中も建設中も 失敗も多数。

既製品をあまり使わずにやりたいのですが

これが試行錯誤の原因ではあります。

おおらかな目で見守ってほしいと思っています。

 

「未完竣工」

これはぼくの個人的な意見ですが 無理に完成形に持っていかなくても いいんじゃないかな。

ちょっとずつ完成させるとか 日々心地よい住処に変えていくというか。

「未完竣工」でもまあいいか という考えが 広がってほしいなあ。

 

 

 

 

2018年9月8日

女子職人

カテゴリー: 建築いろいろ

女子職人は 昔から増えているのだろうか?

ぼくの中では そんなに増えてきたという実感はないです。

 

ぼくらの周りには 二人の女子職人がいて その女子たちが 独特の良い雰囲気を かもし出しているので ご紹介。

安達左官の安達さん。久住左官を卒業して 独立。

左官は人数がいないと仕事にならない場合が 結構あるのですが

そんなときも 腕利きの左官職人を集めて仕事をこなしています。

 

細かくてチマチマしたところは 自分で回り 大きくて はかどる部分は 職人(男)にまかせるスタイルで 仕事を進めている。

おじさん職人も安達親方の指示に 笑顔で答えてます。

こんな仕事の仕方が できる女子職人の一つのモデルだろうなぁ と思っています。

僕の友達大工の 鴫原さんも 安達左官に仕事を頼み始めたので 忙しくなってしまうかも。

 

 

 

もう一人は ㈱庭みち の小野さん。京都で6年修業した 植木屋さん。力持ちです。

庭を設計して施工する仕事がメインで 設計事務所や工務店の仕事をしています。

設計士さんも樹木 草花のことに詳しい人があまりいないので

小野さんの提案には かなり助かっているんじゃないかな。

 

植木屋さんは土木作業が半分以上なので 結構大変。

人手がいる時は 彼女も職人仲間の男衆を集めて 仕事をするのですが

小野さんの場合は 率先して現場を引っ張るタイプか。

歯に衣着せぬ はっきりした指示出し。

僕も彼女の手元で 土掘り、石の運搬や生コン打ち等をしましたが 心地よい疲れでぐったり。

女性に引っ張られて仕事するのもいいもんです。

これも 仕事のできる 女性職人の モデルといえるでしょう。

2018年5月22日

南房総広告のレスポンス

カテゴリー: 建築いろいろ

~食器から大規模建築まで~ の広告を出して 初のレスポンス。

 

電話で「 南房総の広報見ました。」という うれしいお言葉。

 

古いテーブルの修理です(相当古いはず)

 

この仕事は ぼくらのところに来てよかった 部類の仕事だろう。

こんな仕事でやっちゃいけないのは ボンドでくっつけちゃうような修理。

 

天板と胴がコミセンで緊結され 胴と足は アリで つないであります。

壊れている原因も木の縮みと 木の割れで 構造も単純なので

修理方針もすぐ決まりお仕事開始。

 

分解しやすいように コミセンも一工夫。

なかなか ないようなものなので 大切にしてください。

 

次の修理もできるように 修理しておきました!

 

 

2018年4月25日

事務所の増築

カテゴリー: 建築いろいろ

事務所を増築することにしました。

昨今、工務店のデスクワークが すごく増えてきて

大工が パソコンを前に仕事をする時間が 長くなってきたのです。

このアングルから見ると4回目の増築。

 

20年前 南房総に 移り住んできたときは

こんなに広い土地 必要かな

と思っていましたが

増築を繰り返すうちに 道路境界線ギリギリまで

建築することになってしまいました。

 

この増築は ぼくの設計で

束の間ですが 設計屋さんの気分を 味わっています。

ある意味 施主であるとも いえますよね。

 

ぼくの欲しい空間を 鈴木大工・森田大工さんが 形にしてくれています。

本当に楽しくて 気分いいです。

「ここは こだわりたいので やり直してください。」とか

 

設計・施工も楽しくていいですが  施主・設計・施工がさらに いいねぇ。

 

もうすぐ完成。

 

2018年4月15日

広報みなみぼうそう

カテゴリー: 建築いろいろ

南房総市には 毎月1回 全世帯に配られる 広報誌があります。

館山市で言えば「だん暖館山」。

 

この広報の一番最後のページに 4コマ分の 広告スペースがあるのですが

そこに空きがあるといううわさを聞きつけ

じゃ広告でも打ってみようか!

ということになり 1年間広告出すことになりました。

 

1年間(12回)の連続広告だから

なにか 印象に残るような、連続性のあることできないか?

という思いもあり

「毎回、職人川柳でいこう。」

「手書きのスケッチで 手書き文字。 パソコン使わないようなの。」

「詩は?」

といろいろ考えましたが、

 

「奇をてらわないで いいんじゃないですか。」

 

という長谷川さんの意見により

 

毎月担当者を決めて 写真を1枚と短文を書く

という形に 落ち着きました。

 

一年間に 2回順番がまわってくる ということです。

 

プレッシャーのかかる1回目は 当然 長谷川さんです。

 

「食器から住宅 大規模建築まで

わくわくする仕事がしたい

この作業場でつくります。」

 

食器から って大胆でいいですねぇ。

でも スプーン頼まれたら どうしようか?

 

次は ぼくの番 だろうと思います。

次回は5月12日 発売です!