ブログ

2020年6月28日

お寺の屋根

カテゴリー: 建築いろいろ

 お寺や 神社の屋根は 反ったりむくったり 曲線がきれいですよね。伝統的な建築を維持したりするのには結構お金がかかるものです。高い材料と 手間暇がかかっているので  田舎でそんな工事を望んでもすぐにはできない世の中になってきました。

 館山の東伝寺は ぼくの学生時代からの 友人が住職をしているお寺です。お寺の中には たくさん建物があるので その維持管理に関して たまに相談を受けたりします。

 ちょっと前の世代の住職達は 景気が良かったこともあり お寺の伽藍を豊かにすることに熱心で、 競って鐘楼や山門 庫裏など建築しました。

  その建築群が そろそろメンテナンスの時期に差し掛かってきました。建築当時とはだいぶ違う世の中だし、腕利きの職人を集めないと直せないような建物がたくさんあることが 重荷になってきているのです

 去年の台風15号で 屋根も壊れてしまったし、もともと雨漏りもしているから 住職に「曲面の屋根を ガルバリウム鋼板でもふけるような 屋根に変えてみてもいいかな?」と相談して OKが出たので今回の工事となりました。 

 コンセプトは 住宅に使われるような安価な既製品屋根材を使って、高い技術がなくても施工できるような屋根に 下地から変えてしまおう。

3次曲面を2次曲面に

 こんな感じになった。どうでしょう。素人目には 違和感がないような気がします。時間のある時に 順次 銅板屋根を ガルバリウム鋼板屋根に変えていきます。

2018年3月29日

田舎の鍛冶屋さん

房日新聞を読んで知ったのですが

近所の高梨さんが作る鎌(かま)が

国の伝統工芸品に 指定されました。

 

鍛冶屋さんの作業面白くて

作業場に遊びに行って ずっと見ていても

ぜんぜん飽きないです。

昭和の初めから 作業風景

変わってないんじゃない?

 

「設備をそろえて

沢山作っても売れないし、

注文が 10個、20個たまったら

まとめてつくるだお。

もう60年たっちまったぉ。」

 

という。

 

今回 高梨さんに 包丁を 作ってもらいました。

 

左利き用の柳刃包丁と 出刃包丁。

化粧をして きれいに見せようという感じがない。

粗野というか 最近あんまり見ないタイプのお品ですよ。

 

昔(と言っても17,8年前)高梨さんに 「カンナ作ってやろうか」と言われたときに

「カンナ 沢山持っているので いいです。」と断ったが どんなカンナができるのか 見てみたい気持ちです。

2017年11月30日

12/10(日)完成見学会

椎野さんの家の完成見学会を 開催いたします。

長持ちする家を作りたいと思っています。時間の経過とともに 美しく経年変化し 家族が 愛着を持って住めるような家。住宅メーカーが作っている家とは 少し違う 家だと思いますので、時間のある人はぜひ お立ち寄りください。

平屋建ての家で 広い土間が 南側に大きくあります。ポカポカして気持ちいい場所になりそうです。無垢の木で作った 収納家具は奥さんと 話し合ってできたもの。収納量もあり 使い勝手は良さそうです。

単純明快な外観で 傷んでも すぐに直せそうです。


●日時:2017年 12月10日(日)10:00~15:00
●場所:千葉県館山市正木  最寄り駅:JR / 内房線 那古船形駅

※詳細は、お申し込み後にご案内します。
お申込:お名前、連絡先電話番号、メールアドレス、ご希望日と凡そのお時間、参加人数 をお書きいただき下記まで。
(有)村上建築工房 e-mail info@muraken5.com

tel 0470-20-6097   fax 0470-20-6098