こんな感じ

水平、垂直で出来た物体であれば、寸法が分かればある程度の大きさ、ボリュームまでは想像できます。

しかし、回転しながら上昇する螺旋曲線は長いのか短いのか、大小すら全く想像ができませんでした。

小さな模型を作ってもピンときません。

そうだ、私は大工だ。原寸で作ったらええやないか。

なんとなく書いてみた不確かな図面を元に、5段分の螺旋階段をベニヤ板で作ってみました。

なるほど〜こんな感じか。

この“こんな感じ”をあらかじめ掴むことは、とても大事だと思っています。

これを現場に持って行くと、空想だったイメージが現実のものになります。

その時、想像は創造に変わります…..プーッ。

ここからあそこまで昇るのか。

螺旋曲線はどう見えるのが良いか?

途中に踊り場があった方がいいんじゃないか?

これは昇りやすいのか?安全なのか?
手すりはどうする?

誰が、どういう状態で利用するのか?

材料はどうする?
木がこんなに曲がるのか?
強度はどうなんだ?

どのように、どこでつくる?

出来た物はどうやって搬入する?
ここは地上30mだぞ。
ロープで引っ張りあげるか?
いやいや、それはないだろう。

エレベーターに4m材は入らないぞ。
外階段から手運びだ。

これは出来たら、きっと美しい。

イメージと問題点が一挙に浮かび上がりました。

次は、1個ずつ製作の具現化と問題点の解決策を検討していきます。

〔嶋根〕
目次
閉じる