まっすぐ、正確に

木にまっすぐ、深い穴をあけようとしていたとき、

なかなか上手くはいかず、近くにいた森田大工にどうしたらよいか尋ねました。

すると森田さんは、

“そういう時はよー、手元を見るんじゃなくて、体を起こして遠くを見るんだよ”と言いました。

“あっ森田さん、もしかして今、何か良い事言いました?”

“おうっ!”

その通りにやってみると、まっすぐ、正確な穴があけられました。

反っていたり、曲がっていたり、癖のある木を工夫して、まっすぐ、正確に扱うのが多くの大工仕事であります。

しかし、反っていたり、曲がっていたり、癖があるのは人間も同じです。

墨つぼでパチンとまっすぐな基準線を描き、それに合わせて曲がりや癖を矯正します。

“まっすぐ”な基準が無いと建物はなかなか建ちません。

まっすぐではない、曲線や円も、ある1点からの等しい距離の直線が基準になります。

そうして出来た緩やかな曲線が上昇し始めました。

螺旋の誕生です。

赤ちゃんは母親のお腹の中から出てくるとき、狭い産道を通るため体を小さくし、螺旋回転運動しながら出てきます。

DNAも螺旋構造。おしっこも螺旋噴射。

螺旋は生命の原点

2019年螺旋の旅

ということで、木製螺旋階段の製作が始まります。

〔嶋根〕

目次
閉じる