ブログ

2011年10月17日

もうひとつの棟上げ

カテゴリー: 建築いろいろ

9月のはじめに棟上があった、鴨川の現場も外壁の下地があらかたできたようです。
「・・・ようです。」というのも、自分は今、加工場で作業中。
何をしているのかというと、こちら。
刻みをしています。

これは何かというと現在進行中の建物の奥に、基礎がぽつりとあるのがお分かりでしょうか?
そこに建つ、「あずまや? 納屋? 小屋? なんなの?」 とまぁ 作っている自分もなんと呼んでよいのか分からないのでありますが。とにかくそこに建つものです。
このなぞのものですが、軸組みと屋根仕舞いまで自分らが受け持ち、
あとはお施主さんが農作業の合間に楽しみながら、仕上げていくそうです。
“あれを作ったり、これを作ったり、ああやったり、こうやったり”。
いろいろ考えているようです。
こちらの棟上も、もう間近。
仕上がりがどうなるか、期待と不安がありますが、お施主さんが作るのを楽しみにしていることが、ひしひしと伝わってくるので、よい物ができることを信じて待ちましょう。
みなさんも出来上がりを乞うご期待!
(大工シ)