ブログ

2012年12月3日

オープンハウスを終えて

カテゴリー: イベント



狛江の家オープンハウスを終えて
先週の土曜12月1日に、無事、狛江の家のオープンハウスを終える事ができました。
建築集団海賊との協働による初の新築工事の締め括りとなる今回のオープンハウスを、近隣の方々や、設計屋さん、建築学科の学生さん、地元の友人、ホームページやポストカードを見て来て下さって方々など、思ってた以上に多くの人数の色々な方々にご覧になって頂く事ができ、また貴重なご意見やご感想を頂く事ができた事をとてもうれしく思います。見に来て下さった方々、ありがとうございました。
私事ですが、建築集団海賊のメンバーは自分の大学の時からの仲間であります。
今回自分達村上建築工房と海賊で、誇りを持って皆さんにご覧になって頂く事ができる仕事ができ、そしてそれを沢山の方々に見てもらうオープンハウスを、準備も含めて昔からの仲間とできた日々はとても楽しく、幸せでした。
この狛江の家の施工中には、ここには書ききれない沢山の、職人さんや仲間との出会いやドラマがあり、この家の完成には感慨深いものがあります。
この家の魅力を二倍、三倍にも大きなものにして下さった左官屋さんの山本工業所の方々と、その応援の方々。
特に、短い期間でしたが、職人として愛ある御指導と御鞭撻を下さった山本親方。
造作風呂の可能性と魅力を、その真摯な仕事で体現して下さった安藤タイルさん
気さくな態度で接して下さりながらも頑なまでのコダワリで丁寧に美しく瓦を葺いて下さった小柴屋根工事さん
遠くから来ているのにも関わらず、無理を言っても楽しそうに作業をして下さった電気屋の福電さんとその応援の方々
こちらの頭が下がる程熱心に仕事をして、また、沢山のドラマを生み出し、この現場の完成をより感慨深いものにしてくれた安達左官さん
その他沢山の、この工事に関わって下さった業者の方々。
また、この誇れる仕事をできる機会と、さらにそれを御披露目できる機会まで下さったお施主様。
そして、同じ建築の世界に身を置き、今回の仕事のみならず、いつも良い刺激をくれる。
また、迷い、悩みながらも共に成長し、進んでいるという喜びをくれる建築集団海賊の4人
これら全ての方に、深く感謝しています。ありがとうございました。
この工事の完成と、一昨日のオープンハウスやその打ち上げ等による感情の昂ぶりがまだ冷めきっていない為、社のブログにも関わらず、かなり私的な文章になってしましました(笑)お許しください
大工い