ブログ

2013年5月15日

デカい梁で構造補強

カテゴリー: 耐震 木材
タグ:


リフォームで 柱を抜いたり 梁を入れたり 構造をいじることが よくあります。
今回の工事では部屋を 少し大きくするために 柱を抜きました。 梁が 二軒半4.6m飛んでしまうので かなり大きな梁を 補強として 入れました。梁の大きさは  断面が45センチ×12センチ とかなり大きいもの。大きな部屋を 作る時用に倉庫の片隅で 眠っていました。 最近は集成材が一般的になり 大きな無垢材の梁を 使うことは 少なくなってきました。特に地元杉材では 探してもないので、ある時に買って 在庫しておかないと使えません。

富津の現場では 「構造材に集成材は使わない」と 心密かに決めていましたので 杉材で 良い構造補強ができたと 思っています。
(大工む)