ブログ

2014年6月26日

パネル化 

カテゴリー: 工法

ある設計事務所とのお仕事で パネル化 がメインテーマになって以来 何でもかんでも とりあえずパネル化することを 考えるのが 習慣になってしまった。

コンクリートの壁に ベニヤを張るお仕事。 かなり広い面積(ベニヤ1000枚規模)なので木の下地材を 作業場で パネル化することに。 かるーく言ってますが かなり勇気のいる決断。

まずは下地の木材を 正確に  切る! その数4500本。
一般の人が このような作業をすると だんだん不正確になったり ペースが落ちたりしがちですが  職人はそんなムラがあまりありません。
習慣なのか 訓練なのか 一本一本切るたびに 「もうすこし正確にできないか?」とか 「もうちょっとと速い方法ないかな」 と考えているのです。 

半分材料を切ったところで とりあえず パネル化作業開始~。
5枚パネル並べてみたら 誤差が+1mm 。 オ~ケ~イ。