ブログ

2012年2月14日

リフォーム

カテゴリー: 外部
タグ:

築30年の家を 骨だけにして リフォーム。
解体していくと、 いたんでいるところが出てきます。
今回は、 掃き出しの サッシの下の 土台が 腐っていました。
雨戸の敷居が 水を受けるように 取り付いていたために、水が 土台の方まで回っていたのが、原因のようです。
水切りをつけて 水が外に逃げるように 納まりを考えました。30年後に 土台が腐っていないことをいのりつつ。
大工む