ブログ

2009年12月22日

伐採

カテゴリー: イベント
タグ:

12月26日に、300年生の杉を伐採することにしました。
見学ご希望の方は、メールにてお知らせください。(素人不可)

cutting down
300年前後の杉は、油ののりや力強さよく、目も細かすぎず
好みにもよりますが、私の中では切旬(きりしゅん)と考えます。

今年の終わりに切り、正月にどのように造材しようかじっくり考えようと思っています。
(造材とは、今回の長さ30メートルの杉を使いやすい4メートル・6メートルなどに切って製材すること)

胸高周囲が3.350メートルあるので、単純に3.14で割ると直径が1.07メートルになります。
実際、木は楕円なので1.1メートル以上の直径があると思います。

この木の造材に対して、ウンチクを言いたい人は、ぜひ楽しみましょう。
ああ、楽しみ~

(大工)