ブログ

2009年3月9日

内装材を選定するとき、

カテゴリー: 木材 内部

内装材には、壁材・天井材・床材・・・・といろいろありますが、
その中でも重要なのは床材と考えています。
床は常に体に触れているので、その素材の質感がよく体に伝わるからです。
多少の予算をかけても上質なものをお勧めします。
ウレタン塗装をしてあるものではなく、無垢材を施工後に軽く自然塗料を塗る程度がいいでしょう。
自然塗料を施したものは、はじめは傷や汚れが目立ちやすいですが、10年くらいたつと気にならなくなってきます。いい色に焼けて艶が出たりするからです。

また、手によく当たるものでは建具の「レバーハンドル」や「引き手」などの金物があります。
手にした時の上質な材料の素材感と、しっくりくる使い心地が何ともいえません。
これも床材と同様、ケチってはいけません。