刻み

刻み作業はどうしても材料を広げてするので、お天気が気になります。


この継ぎ手は、「台持継ぎ」というものです。二本の材を一本の材として機能させる継ぎ手です。

目次
閉じる