ブログ

2014年1月24日

南房総市のこども園1

カテゴリー: 内部

南房総市では 幼稚園と保育園を 一緒にして 運営する施設を 建設中です。民主党政権時代には こども園と言っていたと思う。
弊社が木工事を担当。 と言っても 鉄骨造なので 主に内装工事です。
「公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律」が三年前に施行されてから 公共施設の 木造化、木質化 が少しずつ 進んでいる。 この現場も 木造にすればよかったのではないかと思う。
今回の南房総市のこども園は  壁や天井等を 南房総産の杉で施工することになっている。このような大きな現場で 地元杉材を 使った経験が 材木屋も 私たち大工も ないので 手さぐりでの 仕事となっている。

地元杉材という指定があるので 窓枠まわりや 建具の納まりを 決定して すぐに 材木の製材を開始~。
ずぶ生の 杉材を  人工乾燥、10日間(低温乾燥)。すぐに加工するという タイトスケジュールである。
普段 半年から一年かけてやっていることを 一か月程度で 上げなければならぬ。
納まりの変更が起きませんように~。