ブログ

2011年3月5日

土台のこだわり

カテゴリー: 木材 作業場にて
タグ:

土台の桧を材木やさんで探してもあるのは、生材の桧か、人工乾燥されたものしかありません。
欲しいのは天然乾燥した赤みの桧。
時間を掛けて天然乾燥して、二度挽き製材をしても
それに見合った金額で売れないため、ないのです。
弊社では作業場に乾燥棚をつくり、
天然乾燥の土台で家づくりをしています。
芯材(赤身)はシロアリや腐朽に強く、長持ちします。さらに
じっくりと乾燥することで、安定した材料になりゆがみも少なくなります。大工は土台を加工するときの香りや、つや、色で気分よく仕事も出来ます。