ブログ

2011年10月5日

外壁板

カテゴリー: 建築いろいろ

姉ヶ崎の現場 外部は 杉板の南京下見板張りです。
今回は外壁の材料を 製材所に発注し 自然乾燥させました。
杉の赤身の板は 芯に近い部分を使うので 割れや 節などを多く含んでいます。
そこでまず 工場に搬入された材木を 外壁に使える材と 使えない材とに選り分けます。
使えない材は 屋根の下地材などに使います。
外壁として使えそうな材は東西南北の どこに張ろうか考えます。
節の状態や色などを考慮しつつ 長持ちして美しい張り方を模索します。
大工む