ブログ

2011年8月2日

姉ケ崎の家現場状況

カテゴリー: 建築いろいろ

姉ケ崎の家は先月に塗った荒壁も乾いて内装工事にはいっています。
荒壁の下地は木の小舞を組みました。
土を塗る前の一時の木だけの格子状の空間はきれいで見惚れましたが、
やはり土を塗ったことでしっかりと各部屋や内と外とがはっきりとしてこれもまたきれいです。
土壁の断熱性能はすばらしく厚さが厳しいこの時期でも現場で作業していて
涼しく感じられます。
塗った直後の写真です。土が湿っていて表面が光ってみえます。
これも一時の表情だと思います。
内部がひと段落したら外壁板張りに入って行きます。
(大工は)