ブログ

2013年12月9日

家具の修理

カテゴリー: 作業場にて
タグ: ,

北欧の椅子 の仕口は 目切れを起こしているので 壊れやすい。
肘掛と足の部分が 折れて 取れてしまったので修理。修理と言っても ボンドでくっ付けるだけですけど。
直線がないので クランプ締めにくいです。
乾いたら ペーパー掛け
オイルを塗って完成。
曲線がきれいな椅子で まだまだ使えそう。今度は座面を 張り替えようかな。