ブログ

2011年2月7日

木を刻む

カテゴリー: 工法

姉ヶ崎の家の模型つくりが終わって、部材同士の納まりを検討します。
折置き組みという組み方で 柱のホゾが複雑になりますので 間違いのないように気をつけます。

プレカットの場合はコンピューターが考えてくれるので必要のない作業です。 構造材を化粧にした美しい木組みの家は、熟練した刻み作業無しには成り立ちません。作業場で職人が刻む作業は、構造材を一本一本吟味し 頑丈な木組みを作っていきます。

設計は 杢人の会大工塾でおせわになっている 丹呉明恭さんです。
大工 む