ブログ

2011年6月26日

木小舞

カテゴリー: 内部

姉崎の家では、
泥壁の下地として木小舞を採用しました。竹小舞をかく職人が現場近くにいないので、大工が扱いやすい木小舞としたのです。
泥壁などの土を塗り慣れている職人は少なく、これもまた現場の近くに偶然住んでいるなんてことはめったにありません。また、伝統的な左官仕事をやり慣れている職人が、年配の人であるとも限りません。
(大工む)