木小舞

姉崎の家では、
泥壁の下地として木小舞を採用しました。竹小舞をかく職人が現場近くにいないので、大工が扱いやすい木小舞としたのです。
泥壁などの土を塗り慣れている職人は少なく、これもまた現場の近くに偶然住んでいるなんてことはめったにありません。また、伝統的な左官仕事をやり慣れている職人が、年配の人であるとも限りません。
(大工む)

  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

  • SECRET: 0
    PASS:
    初めまして、ふらふらとこのブログにたどり着きました。

    四国・香川県で大工をしています。
    まだまだ勉強中の身ですが
    同じような仕事をされているので興味津々で読ませてもらいました。

    荒壁土、良い色になっていますね!良い香りもしてそうですが!

目次
閉じる