ブログ

2011年4月6日

カテゴリー: 木材 作業場にて
タグ:

柱は手で触れることのできる構造材なので、どの木をどこに持っていこうか頭を悩ませます。
すべての柱を並べてみて、節・色・曲がりなどをみて配置していきます。
この作業は職人の好みや考え方が反映され、
家の雰囲気にも影響を与える作業です。
(大工む)