ブログ

2012年10月15日

瓦 工事

カテゴリー:

狛江の家、屋根工事 終了しました。

同じ屋根下地であっても、瓦の種類や棟の納め方によって家の雰囲気はガラッと変わります。
今回は棟の段数を 「一段」 設計時より積み増してみました。設計屋さん・施主さん・瓦屋さんで、屋根下地が終わった段階に打ち合わせをして、決めました。
お施主さんの
「数寄屋みたいな軽いすっきりしたものじゃなくて どっしりと重たい家がいい」
という言葉で、のし瓦を一段増やしたのです。

足場の間から見る限り かなりどっしり感が出ている と思いますが どうでしょう?

大工む