ブログ

2014年5月20日

竣工間近 南房総市こども園

カテゴリー: 内部

南房総の三芳こども園工事も 残りわずか。今週から 検査 検査 検査となる。
木工事もあと少し残っているが もう山は越えているので 一息ついている。
木工事の板張りが 少々遅れ気味で  追いまくられてしまった。 板を張ったら 塗装屋さんが待ち構えていて 自然塗料塗り そして家具屋さんがすぐ家具付 フローリング屋さんが 床を張るという具合だった。
後ろで 待っているので 休むわけにはいかない。
野丁場仕事は細かく職種が分かれている。一見能率が悪そうでも 仕事量が多いので 専門分化されていた方が能率がよいのだ。
大工が 天井に杉板を張る作業でも 分業となっていく。ボンドを付ける人 タッカーを打つ人 板を切る人 と細かく分業制となり 能率が上がっていく。
こういう働き方って 結構疲れがたまっていくんです。 このシステムの中で 淡々と無言で ルーティンワークを こなしていく。 うーん。きらいじゃないんですけど。
ゼネコンの現場監督に「あんた 野丁場 向いてるよ。」 と言われちまった。