ブログ

2008年11月25日

砦の家 現場便り

カテゴリー:
タグ: ,

鎌倉の家は「土の家シリーズ」ということで、設計事務所の所員さんが作業場でいろいろな準備をしています。


この週末は泥壁に混ぜる藁を近所の農家からわけてもらい、細かく切る作業をしていました。
『押し切り』という包丁を上にむけたような形の刃物で、ざくっざくっと10センチ程の長さに藁を切っていきます。これを荒壁の土に混ぜて、塗ります。

ビニル袋に藁を詰め準備は完了。ここからは現場での作業になります。お疲れ様でした!<S>