ブログ

2010年1月25日

現場便り

カテゴリー: 外部

昨年末のワークショップで塗り上げた荒壁も落ち着き、外壁工事にはいっています。磨き無しの焼き杉をはっています。
淡路島で暮らしているときには、多くの住宅に焼き杉がはられていました。そういえば、房総半島ではあまり見かけません。
この焼き杉には 「防虫」 「防腐」効果があるらしく、炭化した表面は 「防火」の効果も期待できるとのことです。
これは、左が数十年前の既存のもの、右は今回ワークショップで塗られたもの。
こんな対比も 眺めがいがあります。

2010年1月23日

地盤調査

カテゴリー: 建築いろいろ

南房総市の現場調査に立ち会いました。
瑕疵保証制度がはじまり、この調査は必ずといっていいほど必要になります。
この機械で地質・地中のしまり具合や水分量などを測定し、建築するであろう建物の基礎や上部構造を決めます。
それぞれの現場ごとに調査結果やそれを踏まえた対応も異なりますが、
地面の見た目もほんと、様々です。

2010年1月15日

現場だより

カテゴリー: 外部

暖かいといわれる南房総でも、最近の寒さにはちょっと凍ってしまいます。
朝現場へ向かうトラックの、道路凍結を心配するようになりました。
年末上棟した住宅は、

屋根もガルバリウム鋼板で葺かれ、薪ストーブの煙突もつきました。
木組も、
このように・・・
着実に進んでいます。
(S)

2010年1月14日

ひかる!泥だんご

カテゴリー: イベント

先日、ワークショップ「ひかる泥だんご」づくりをしました。
講師は、先日の「竹こまい・土壁ワークショップ」でお世話になった 土屋 先生。
まず用意された泥だんごに、
好きな色付けをした生石灰クリームを塗り広げます。
そして、直径3センチほどのガラス瓶の口でひたすらだんごをコロコロとまわし磨く。ひたすら磨く。
がんばってがんばったあとには、ビッカビカのひかる泥だんごができる。

この「ひかる泥だんご」は、日本の古来から伝わる左官職人の高度な技術「大津磨き」を基に作られます。
磨いている途中でいろいろな色を加えてマーブル調に挑戦したり、途中でお母さんと一緒に磨き始めたり。
それぞれが工夫して まさにいろいろな「ひかる泥だんご」が出来上がりました。

2010年1月12日

こどもたちへ・・・

カテゴリー: 建築いろいろ
タグ:

わたしたちの住む 南房総市三芳地区(旧安房郡三芳村)の代表伝統芸能として
安房八幡太鼓』というものがあります。
今回、同地区の小学生が授業でこの 『安房八幡太鼓』に取り組むということでそのバチを製作しました。

材料はナラ・タモ・サクラなどの広葉樹やヒノキ・・・などなど。
5種類ほどの樹種をつかってつくりました。
こどもたちのはりきってたたく姿が、今から楽しみです。
がんばって!!
(S)

2010年1月9日

恒例のお餅つき

カテゴリー: イベント

すこし前になりますが、
毎年恒例の餅つき(兼忘年会)を行いました。
今年は、少し多めに一俵弱のもち米の準備をし、
当日。

ついて、

まるめて、

そして、

宴会を・・・
刺身をその場でさばき、自前の皿で盛り付けてくださる方まで!
ワタをつけながら食べたイカは絶品でした。
多くの方がいらしてくださりそれぞれが集い、輪になり・・・・
職人・職方・お施主さん、そして周りの方々への感謝の餅つき。
無事一年をすごしたことへの感謝と来年への挑戦を誓いあいました。
ご参加くださった皆様、どうもありがとうございました。
(S)