ブログ

2010年5月29日

現場だより

カテゴリー: 内部

CLIFF HOUSE は、
階段がつき、内装も進んでいます。
二階の個室には、ちょっとやさしげな窓枠が・・・20100529
施工中であるのに、
その家、その家個性があるというか、
お施主さんの顔が浮かぶというか・・・
「一緒につくっている」っていう実感が
あります。
(S)

2010年5月21日

玉切り・・・そして製材

カテゴリー: 建築いろいろ
タグ: ,

年末倒した杉のつづき。
製材に行きました。
そこの製材所は、直径1.8mまで製材できるそうです。最近は国産の大径木をひく機会はあまりなく、
アフリカや東南アジアの大径木を製材することが多いそうです。
元玉の製材は、材の芯近くまでひいても欠点がでない、良材でした。杢目は銘木とまではいえませんがまぁまぁでした。もう少し、杢が出てほしかったのですが・・・・
2番玉は柾板などをとるよていです。
(大工)

2010年5月12日

Pハウス、その後・・・

タグ:

だいぶ前になりますが、
作業場の裏のゲストハウスのことです。
そのかたちから、 『Pハウス』
と名づけました。
作業場からも完全に独立した、宙にういたような2階にあるゲストハウス。
階段はまだありません。(とりあえず足場板を渡し、大きい人もちっちゃい子どもも渡ってます)
個室は、ガラス張りの感じ。
はやく、

「酒がぬけるまで、泊まっていきなよ」とか
「模型をつくりにおいでよ!」
などと言いたい。
(S)

2010年5月9日

模型

カテゴリー: 作業場にて

作業場の片隅で、模型作りをしています。
職人はもちろん家もつくりますが、そのまえに木組みの模型をつくり、
構造上の問題点を探ります。
『もつか、もたないか』
は、このとき考えて木組みの変更をします。
20100508また、これをみながら
お施主さんとの打ち合わせにおいて
設計の不合理を改善するきっかけにもなります。