ブログ

2013年10月24日

丘の上の家 工事始まりました!

カテゴリー: 地質改良

先日、夏前から計画を進めてきた丘の上の家の工事がついに始まりました.
弊社では、新築の工事を行う場合、必ず地盤調査を行い、地盤の安定度を確かめてから工事を行います。
地盤が強ければ「あー良かった」と胸を撫で下ろし、地盤が弱ければ「なんでだよっ、チクショーっ」と少しガッカリします。
地盤が弱ければ、それは地盤改良工事の必要があり、そこに予算を取られてしまうという事だからです。
さて、今回の、このお家の敷地は西側に富士山を望める小高い丘の上にあります。
一般的に山や丘になっている土地というのは、平地や海辺等に比べて地盤が強く、安定していて、地盤改良などの必要が無い事が多いです。なので、今回は地盤調査を行う時点で、「今回は平気だろ」と高を括っていました。。。余裕コイてました。。
建築計画位置の一部の土地が少し凹んでいるような場所があるのがチョット気になってはいましたが・・・
そして地盤改良の日、自分も調査に立ち会いました。地盤調査の方式はスウェーデン式サウンディング試験と言って、先端にスクリューがついた金属製のロッドを回転させながら貫入させていき、その抵抗値を計測する事で、地盤の強度を確かめる方式です。
建築物の計画位置の4隅と、中心の計5ポイントの調査を行っていきました、そのうち1ポイントが前述した凹んだ部分に位置していまして、その位置でスクリューロッドを貫入させていくと。。。。。み、みるみる入っていきます(゜o゜)回転させる必要すら無く、、少し荷重をかけるだけで羊羹に爪楊枝が刺さるぐらいの勢いでっ。。。。。。「なんだこりゃっ!」
調査の結果、その凹んだ部分は地耐力はほぼ0(ゼロ)に近い、深さ6mの大穴が開いているようなものである事が判明してしまいました。。。「なんでだよっチクショーっ。なんだよこの穴(泣)」
イメージは右図のようなものです
他の4ポイントは問題無く、むしろ良好な地盤でした。この一部分のために果たして地盤改良の必要があるのかどうか、、、地盤調査会社の考察では改良の必要あり、と判定されてしまいましたが、建物の位置を動かすなどしても、やはり改良は必要なのかどうか、一縷の望みを持って、お世話になっている構造屋さんに聞いてみると。やはり「改良は必要」との回答が返ってきました。
断面的に考えると、端的に言えば、建築物が6m程度の崖に接して建っているようなものであり、多少建物をズラしたところで、危険度は変わらないという事でした。
構造屋さんにこう言われてはもう仕方ありません。
地盤改良はお金がかかるのに、成果物は目に見えません。また地盤が沈下するというようなイメージがリアルに持ちにくいため、
「ホントにやらなくちゃダメなのかな?やらないでどうにかならないだろか?」とどうしても自分は思ってしまいます。その分の予算を建物に使えたら、あれやこれをもっと良くできるのに、、、と。
地盤に関しての経験則などもあまり無く。(不同沈下等の正確な経験側を持っている人などほとんどいないとは思いますが)やはりデータと専門家の意見に従ってやるしか無く、みんなそうやっているのでしょうが、だからこそ本当に必要なんだろうか??という葛藤を抱えながら地盤改良工事を毎度見ています。
特に今回は部分的に弱い地盤がある以外は良好な地盤であったため、この葛藤が大きいものでした。
とまあ、改良工事前までは、予算や見積もりを作成した時期の直後である事等もあり、色々考えてしまうのですが、、、地盤改良後の安心感は絶大です。。やはりやって良かった、と思うものです。これをやらないで、一抹の不安を抱えながら工事をし、竣工し、不安を抱え続けながらお客さんに引き渡し、住んでもらう。考えただけでも恐ろしいです。
色々考えた末に、やはり必要であると判ぜられた地盤改良ならば、納得もできるものです。
1つ1つ、お客さんや敷地に適した建築を志していくと、当然ですが1つとして同じものはありません。毎回違う問題が発生し、対応しなくてはいけません。それが大変だし醍醐味でもあると思います。
そんな工事がまた1つ始まりました。思考錯誤を重ね、良いものを造りたいと思います!!

2013年10月21日

台風一過

カテゴリー: 外部

台風26号(ウィーパー) は房総半島にとっても かなりの強風と 豪雨をもたらしました。

金谷美術館別館の目隠し塀も 強風にあおられて 倒れたりしていました。 また 蔵の漆喰も 所所 剥がれ落ちてしまい 修理が必要な状況です。
以前の台風で 漆喰が落ちた時は 二面だけ修理しました。その時は 家紋も 作り変えたので きれいになっています。この家紋は 漆喰を 盛っていき 鏝で仕上げています。近くで見てもきれいです。
文化財を 維持していくのは お金がかかって大変なことです。 しかも 直せる職人だって地元にいるとは 限りませんので 工事費も 割高になってしまいます。
お昼に 金谷を ぶらりしていると きれいな石蔵を発見 石の劣化も少なくて かなりいい状態です。金谷石は 劣化が早い石と 丈夫な石と品質に大きな 差があるように 思います。

2013年10月16日

部屋のリフォームとデッキ取替

カテゴリー: 外部
タグ: ,

館山のリフォーム現場
洗濯物を干している デッキの床が 腐ってきていたので 作り変えることになりました。 デッキは雨ざらしであったために 傷みも激しかったのですが デッキの大引き(床下地材)が 母屋の土台に固定されていたために 母屋の土台も傷んでしまった。 デッキは母屋にくっつけて作ると 被害が母屋にも及んでしまいます。

デッキは雨ざらしで使うなら10~15年ぐらいで 傷んできますので 簡単に取替できるように また母屋とはちょっと離してつくりましょー。

2013年10月11日

富浦の家 一年点検

カテゴリー: 建築いろいろ

先日 富浦の現場の 一年点検に行ってきました。 一年住んでみての感想 夏の暑さ 冬の寒さ がどうだったかなど。今年は やはりエアコンがないと厳しかったようです。

新たに ダイニングテーブルとイスが はいって リビングがよい 感じになっていました。
キッチンや洗面所なども 整理整頓されていて うれしく思いました。 洗面台を 大工造作しても収納のしやすさ等は 既製品には 及びません。 造作洗面台は 使う人が工夫しながらつかわないと 雑然としてしまいがちです。

2013年10月8日

きっとお話がはずむでしょう・・・

カテゴリー: 木製建具

玄関まわりリフォームが終わりました。

内玄関

北側に向いた玄関で前面は交通量の激しい道路です。明かりをとりながら、騒音や人の目をどのようにさえぎるかを考えました。
外玄関と内玄関を設け、その間の土間の部分には自転車やちょっとしたものを置けるようにしました。
内玄関は、
店舗であった広々感を生かして2間ほどの上り框を設けました。
ここは、訪れた人が靴を脱がずおしゃべりができるようにと、お施主さんが出来上がる前からとても楽しみにしていた部分です。建具の隙間からの明かりや景色を見ながら、
ちょっとしたお話がはずむでしょうね。
(S)

2013年10月7日

解体時にできるだけゴミにならないこと

カテゴリー: 木材 内部 設備

キッチンと食品加工場のリフォーム工事
石膏ボードやキッチンパネル等 解体する時に ゴミになるようなものは できるだけ使わない という方針で リフォームしました。
そのような方針を 決めると 使える材料が 杉板しかないのです。クロスはだめ、漆喰や 珪藻土も 石膏ボード下地に塗るので使えない(下地はクロスと同じなのです)。 あと べニアは 燃えるから いいかな?とも思いましたが 結局 全部 杉板ということに なりました。
困ったものが ガスコンロ回りで 不燃物で下地や仕上げをしなければなりません。選択肢は モルタル+タイル 又は モイス+ステンレス板金となり どちらにしようかな と迷いましたが 後者に決定。モイスという建材は土にかえる 建材のようです。