ブログ

2013年11月29日

旅館の改装

カテゴリー: 建築いろいろ
タグ: ,

館山にある 旅館 「海紅豆」 との付き合いも 10年になる。
旅館の主人に 「大きな借金をして 一度にリフォームすると リスクも高いし 今後世の中どうなるかわからないので 10年ぐらいかけて ゆっくりと直したい。」
という相談を受けた。
昭和40年代に建てられた 木造旅館で 景気の良い時代に 増築を繰り返し 本館、別館、離れと 面積は1000㎡近くに なっていた。

どこから手を付けようか?
まずは エントランス・ホール 浴室 を直すことに決まり 温泉を掘った。日帰り入浴のお客などでにぎわった。
2期工事は ビジネス・ 工事関係者等 長期滞在者のために 小さな客室を整備した。

3期工事は 家族向けの部屋と 宴会場を整備。ちょっとずつ 営業しながら 直してきた。もともと海が目の前の 素晴らしい立地条件であったので 少しいじれば よくなると思っていた。

今回6期工事 食堂改修 が始まった。
工事が始まる前に主人が
「食堂を直したら だいたいいいんじゃない。どお?」 と長きにわたる 工事の終了を意味することを言った。
「とりあえずは」 と答えておいた。

2013年11月26日

木工機械

カテゴリー: 作業場にて

弊社の作業場にある木工機械は 大きな材料を削るのは 得意なのですが、 小さな材料を削るのは 苦手としています。加工精度を上げるのに いろいろ工夫して 木材を加工していましたが 微妙な加減で 失敗したり、成功したりするので 小さい材料を加工するのは ストレスの大きい作業でした。
そこで メーカーのオプションを導入してみました。カンナの軸をもう一つ増やし二面削れるようにしてもらいました。静岡からメーカーの人が来て取り付けていってくれました。
最近、この辺の大工は 木材加工をしてくれる「加工屋さん」に木材加工を頼むのが 一般的になってます。既製品を多用して 仕事をする場合には 木材を加工する機械、 作業場は必要ないのです。必要なのは 倉庫。

作業場が 一度倉庫になってしまうと 再び作業場に戻すことはできない。(名言)

2013年11月25日

今日の作業場

カテゴリー: 作業場にて

消費税の駆け込み需要は うちにはカンケーねかった、と思う。9月末までに契約すれば、5%で建築できる と決まってから
「8月、9月は 忙しくなるぞー」
と身構えていたが 空振りを食らってしまった。
ごく普通の9月を過ごしていたので 少々の寂しさはあった。

が、来年は 忙しくなりそうです。
というか 忙しくなってしまいそう。
前々から 大きな現場の 木工事を担当したいと思っていたのですが それが 実現しそうです。 ゼネコンの下で少々いじめられながら 鍛えられていくのかな?

今日の作業場
材木屋みたいに 材料であふれていますが 使い始めると あっという間に なくなってしまいます。

大工む