ブログ

2015年10月24日

子供3人のスペースを作る

カテゴリー: 建築いろいろ

子供が大きくなったら 本棚などで  部屋を仕切って プライベートなスペースを 確保してあげたい。

というような 要望で 設計を進めた物件が いくつか ありましたが 実際 部屋の間仕切りを 頼まれたことはありませんでした。 これが 初仕事。
15年前は 若夫婦だった お施主さん(自分と同じ年) 。1人だった子供は 3人になり プライベートスペースが 3つ 必要に なった。
9帖の 子供部屋を 3つに仕切ると さすがに狭いので 2つに間仕切ることに 。 新築時に 想定したように 本棚で仕切りました。 4.5帖の子供部屋は 結構広い。4帖くらいでも 十分と 感じました。
もう1つ必要な 子供部屋は リビングの 吹き抜けに 床を張ることで 解決。 10年後に また 吹き抜けに戻せるように 注意しながら 施工しました。

2015年10月23日

平砂浦の家上棟

カテゴリー: イベント

南房総は  アクアラインが開通し 通行料金も安くなっていることから 都会からの移住者が 多い地域です。土地が安く 気候温暖 自然が豊かで 食べ物おいしいので  移住先 別荘 等にはおすすめです。
平砂浦の家 秋晴れの中 上棟しました。大工以外の職方さんも 応援に来てくれて その中でも 電気屋さんと材木屋さんの活躍が光っていた。僕たち大工は 裏方に徹して 羽子板ボルトを 一日中締めていました。
上棟してみると 二階のテラスが デカイなー と改めて思いました。

2015年10月13日

ちょこちょこ修理 1

カテゴリー: 木製建具

かなり前に(戦後すぐくらい)建てられた 建築家設計の住宅です。 房州では 珍しいのではないかと思います。 この家は 南側に大きな開口部があり 内障子 硝子戸 網戸 雨戸と 計10本の 建具で構成されています。 建具を すべて開くと すごく気持ちのいいリビングになります。 欠点と言えば 気密性が低いこと 断熱性が低いこと ガタガタ音がすること 重たいこと 立て付けが悪いこと。などなど 挙げればきりがないのですけど 欠点をカバーして 余るほどの 長所 気持ちいいリビング。 これと同じような サッシがないので 修理することにしました。
レールの交換、戸車の交換、溝が削れているので埋め木、建具の調整をして完了。欠点のうち 重たいこと と 立て付けが悪いは 解消できました。戸車はちょっといいのにした方が ストレスがありません。

2015年10月5日

富浦の外壁修理

カテゴリー: 外部
タグ:

富浦の 外壁の貼り替え工事が終了しました。
左側は 20年前に 貼り替え 右側 築60年で 初の外壁張り替え。 築60年ぐらい経っているのに 一度も 外壁張り替えていなかったのです。 この外壁の板の貼り方は 「鎧張り」と言って 昔から使われてきた方法です。薄い杉板(7mmしかない!)を 横に柱に打ち付けて 桟を縦に打って 補強する 単純な貼り方。 縦に打つ桟に 手間がかかり 最近の住宅では あまり採用されません。下写真は縦桟を作るための治具昔は材料が 高く 手間は安かったので 多く採用されていました。最近の下見板張りは 材料を分厚く(12から15mmぐらい)しています。

外壁は 傷みの激しい部分と 傷みの少ない部分と その差が大きいので ちょこちょこ 部分的に直すのが 良いのですけど。