ブログ

2016年3月28日

千森の家(千葉県森林組合の家)

カテゴリー: お知らせ

此度 千葉県森林組合の木を使って建てる家「千森の家」が発表されました。

この家は アトリエハルさんに 企画デザインしてもらった 規格型の住宅になります。
今までは 建築家に 隅々まで デザインしてもらうような高い住宅か 既製品を 選んで取り付けていくような 安い住宅しか選択肢がなかったように思います。この「千森の家」が 三つ目の選択肢になればと思っています。
敷地に余裕があるような田舎の住宅であれば 建築家に設計してもらう必要ないんじゃないかなと思います。
地元の木を使って 丈夫で長持ちする木構造。単純な木の箱がいいよね。変に仕切られてなくて大空間。でも大空間は寒いので 断熱はしたい。それと変な建材は使ってほしくない。

3/25日の新聞折り込みチラシに 「千森の家」のチラシを入れてくれたそうなのですが 予算の関係上人口密度の高い 地域にしか 配布されないようですのでここに掲載しておきます。


先着5名様 無料特典! 詳しくは「千森の家」へ

2016年3月24日

ツリーハウス1

カテゴリー: 木材 おもしろ仕事

少し前から 作業場の片隅が 占拠され ちょっと変わったものが 作られている。

設計・施工 樋口サイド + その仲間たち
ぼくも 「その仲間たち」の一人として参加

この物体はツリーハウスといいます。立木の高い位置に 取り付けて その雰囲気を楽しむもの。
このツリーハウスは 「根曲がり材」を活用しているのが特徴です。

「根曲がり材」という いまでは ほとんど活用されなくなった 杉の木の根っこに近い部分。根曲がり材は 山の斜面が急で 雪深い場所に生えています。 変な風に 製材してしまうと 木の中に大きな力をため込んでいるので 製材を間違えると 大きく変形したり 割れたりしてしまいます。昔は 力のかかる木組みにあえて 根曲がり材を 使ったりしていましたが 今では 手間がかかることが 理由で あまり使われていません。

2016年3月21日

Wハウス

カテゴリー: おもしろ仕事
タグ: , ,

少し前のことになりますが ちょっと変わった構造の建物を上棟しました。場所は 一宮海岸のすぐちかくで レストランになる予定です。
設計は かめ設計室 + 建築集団 海賊
施工は 建築集団 海賊 + その仲間たち

ぼくも「その仲間たち」の一人として参加。

今日の棟梁は 村上さんですか? と聞かれましたが いいえ 違います。
伊藤アキラか? 高柳テッペイか? どちらも 棟梁と言えるほどではない。 しかし あれよあれよという間に 構造体は 組みあがっていく。16:30には 予定の工程を終了〜。
頭のいない フラーットなチームでの上棟でした。

2016年3月7日

瓦の再利用その2

カテゴリー:

には 梁などが 外部に ちょこちょこ出ています。 これは 古民家の木組みの特徴で 現在の住宅の木組みにはほとんど 見られません。この木組みだから 古民家と言えるといっても 過言ではありません。

構造的には合理的なのですが 雨仕舞いが 難しいことと 長い材料が必要になってしまうなどの欠点があるので 使われなくなってしまった技術です。

今回は 下屋根の 見切りの部分に出てきているので 厄介です。
瓦屋さん 板金屋さん 左官屋さんに 「この梁切っちゃってよー」とか「ここから雨漏りしやすいよ」と言われましたが このでっぱりは 切れないんです。
古瓦は 色も形も 不揃いですが 腕のいい職人が 葺くと 新品の瓦にはない 良さがあるんですね。