ブログ

2016年5月12日

工期が遅れてしまう理由

カテゴリー: 現場だより

古民家の改修現場も やっと先が見えてきました。20160512

このような現場は 工期が予定どおり順調に 進むことは まずありません。(ごめんなさい)
しかし、遅れているからといって 急いではいけません。目の前にある仕事を たんたんと こなしていく感じでよいのです。
山登りに似ていますね。 ある時突然 山頂が見えたりして。
遅れている理由(言い訳)をいくつか 挙げておきます。
古民家は 材料の断面が 四角ではないので(丸みといいます)、それに合わせて 丸く切りらないと おさまらない部分がでてきます。(ひかりつけといいます。)この作業が 結構手間くいです。20160512-2

もうひとつ 挙げると 古材には 過去様々な 修理がなされていて その痕跡を 目立たなくする作業が必要になってきます。(埋め木といいます)20160512-3

この埋め木をしないで 古い柱を 新材で隠してしまうと 仕事が速く進みますが  そういう方針で 工事を進めていくと 全部新しくなってしまい 新築のほうが 良かったか? となりかねません。

2016年5月9日

木工機械

カテゴリー: 作業場にて

新しい道具がやってきた。パネルソー

パネルソーと言って 合板などを正確に切る機械です。 ホームセンターによく置いてある機械で、普通は合板の最大寸法2.4mまで切断できればよいので、そのサイズの機械が多いのです。どうせ買うのだから 3mまで切れるものを購入 2.4m と3.0m その差は60センチ たかが60センチですけど 2.4mは内装寸法、3.0mは建築に発展する寸法と考えたからです。新たな使い方はないかな。
僕は 合板が嫌い というわけではありません。ただ 合板は耐用年数が短いので 注意して使わないと 合板の寿命が 建築の寿命ということになってしまいます。 現在の家つくりには 合板は欠かせない建材になっています。住宅の地震に対する強さが 1~3まで 数字であらわされるようになってからか(耐震等級1~3)すごく頑丈な仕様で 設計されている家が多くなってきました。。ハウスメーカーは みんな 耐震等級3を宣伝していますので 工務店・設計事務所も 耐震等級3をめざすしかないのでしょう。

20160509-2調子の悪い機械を 修理に。