ブログ

2017年3月17日

客間を書斎へ(前)

カテゴリー: 現場だより 木材

「定年退職で 家にいる時間が長くなるなどの理由で 客間を改装して書斎を作りたい」というご依頼です。ごく普通の和室8畳。押入れ、床の間、縁側を含めると 12畳となる。書斎として使うには十分な大きさ。

今回は 「客間を書斎に」というご要望であったので こちらからいくつか 御提案

・床フローリングは ヘリンボーンで貼ったらどうか。(個人的に斜め板を張るのが好きなので。特に最近。)

・柱にボードを貼って 洋風にしても つまらないので 古い柱を残しつつ。(古いものを隠して 新品にしようというのは好きじゃないので)

・塗り壁(しっくい壁)は 久住左官さんに やってもらったらどうか。(お施主さんも昔から知っている左官屋だったので。)

・本棚は造り付けで。(床柱が構造上重要で 抜けないので なんとなく そのあたりを本棚風に)

床フローリングは マホガニーの斜め張りです。良い木です。光沢があって硬すぎず。日本の木材で マホガニーやチークのような木は ないですね。

壁も良い感じに仕上がってます。が左官壁の良さは なかなか写真には映りません。

 

2017年3月14日

永福の家

カテゴリー: 現場だより 木材

永福町の家 地鎮祭から屋根防水工事 まで。

設計は浜田山のアトリエハルさん。

地鎮祭は 神主さんが二人来てくれていつもより ゴージャスな地鎮祭となりました。。年長の神主さんが 年下の神主さんに 仕事を教えているようでした。

基礎工事 阪神の震災以来 基礎は頑丈になり続けています。設計事務所の設計となると 構造設計者もペアで設計者として加わってくるのでなおさら 頑丈になってゆきます。予算の厳しい時でも この部分には誰も口を出せない 聖域となっています。

上棟後 屋根仕舞い(防水)室内側からの 見上げ。

ぼくの現場は 「ちょっといいよね」 という一コマ。

ひと手間かけたい

知恵を絞りたい

木を信用したい