ブログ

2017年11月20日

リフォーム5年目

カテゴリー: 建築いろいろ

農家の古い家の修理をして 5年目。

その家を 稲刈りの収穫祭で訪れました。

家のどの部分を修理したのか 記憶をたどらないと思い出せないくらい

新しく付け加えた材料と 古い材料に 違和感なく 納まっていました。

まだ使えそうな古建具などを 新しいものに 取り替えなくてよかった。

古い柱を ボードで隠して クロスを張るというお決まりの

リフォームにしないでよかった。

 

安易にユニットバスを おすすめしないで よかった。

 

 

2017年11月13日

永福の家その2

カテゴリー: 建築いろいろ

日曜日の ロングドライブ。

朝、杉並の現場の表札を取り付けて 残工事まですべて完了!

外構屋さんが入って 植物が入る。 あらためてみると 「すっきりしていて かっこいいじゃないですか。」こういうすっきり感は やっぱり設計屋さんが きっちんと現場管理までしてくれないと出てきなせんよね。

シャッターボックスをうまく隠したり、玄関建具廻りの納まりとか、きれいに納まっています。

最近思っているのですが 大工仕事の片手間で 現場管理するのが けっこう大変で ほんとは 専門の人がいたほうが能率いいんだろうと思っています。が、そこはこだわりたい所でもあるので、今回は 現場管理の大工をダブル大工体制で 臨みました。(伊藤アキラ&サンタロー)  かなりスムーズに行ったんじゃないかな。家作りがかなり 複雑になってきています。

そのあと 埼玉飯能に 「杢人の会」のイベントに参加して 設計の丹呉さんの話を聞いてきました。つづく・・・。

2017年11月8日

大工の家 その2

カテゴリー: 現場だより

椎野さんの自邸 足場が取れました。すっきりとした平屋です。

外装は地元杉板に ウッドロングエコという塗料を塗っています。この塗料は ちょっと変わった塗料で まず粉を水で溶いて 塗料を自分で作るのです。そして 誰でも簡単に塗れて ムラなども出ません。さらに少し時間がたつと 日焼けした杉とほぼ同じような感じになり、「塗装したの?」 と言いたくなるぐらい自然になります。

内部には 土間があります。 リフォームでは 土間をなくして 床を張っていますが、新築では 広い土間を作るという。土間床も断熱できるようになったのが 大きいです。

土間のいいところは 靴を履いたまま家の中に居れるところ。お客さんも入りやすいし、よごれたものも ちょっと土間に 置いておけますね。

見学会もやりますよー。