ブログ

2019年2月15日

型にはまる

カテゴリー: おもしろ仕事

熱を加えることで木は良く曲がるようになることは分かりました。

 

しかし、曲げただけでは、すぐに元通りに戻ってしまいます。

 

都合よく曲がった状態を保つためには、型にはめる必要があります。

その状態で冷えて、乾燥させることで木は曲がった形状が維持されます。

 

なにより“型”が重要です。

 

型破りな男になるには、まずは一度型にはまらなくてはいけません。

ローを知らなければ、アウトローも成立しない。

人間は秩序と無秩序….はい、はい。

 

なにより“型”が重要です。

 

型無流の嶋根大工は端材を寄せ集め、いい加減な型にはめようとしていると、

 

“そんな型じゃダメだ。強固で正確な型でないと、そこから得られる成果もいい加減なものになってしまうし、何も蓄積されないじゃないか。”

 

という指摘を村上親方から頂きました。

 

そう、ここは村上建築工房。

大工品質、大工プライド

no accuracy no gain

今年のスローガンである“端材を活かす”ってこういうことではありません。

まるで何も活かせていない。

 

その後、出来るだけ正確な型を製作し、試行錯誤を繰り返していると、様々な発見が得られました。

 

“鉄は熱いうちに打て。木は熱いうちに曲げろ。生コンは90分以内に打て”

 

2019年2月9日

屋根替え

カテゴリー: 現場だより
タグ: ,

屋根に葺く瓦は 耐用年数が最も長い建材の1つです。

 

しかし 寿命はやってきます。

 

瓦の下地が傷んで 瓦がずれる。

瓦自身がもろくなる。

塩で溶ける。

 

今回の牛小屋は 瓦のずれが原因で雨漏りしていたが

瓦自身が もろくなっているので おろして葺き直すより

「板金屋根にした方が 良いんじゃないか。」

 

ということで 板金屋根に葺き替えることに なりました。

地の和瓦は 廃棄処分にするにはもったいないので

割らずに ラクレーンを使って丁寧に下す。

色がいいんですよね。どこかで 使えないかな。

 

築80年ぐらいなので 瓦の下に大量の土が置いてあります。

土の量は 半端ないです。瓦の重量超えてます。

瓦の下は 杉皮の防水。まだまだ効いてます。

 

 

個人的に好きな風景で 80年ぶりに 光が差した納屋。

でもすぐに閉じられちゃって 元の薄暗い納屋に。

ほんとに短い間だけの美しさで お施主さんも この景色 見れない人が ほとんどです。

 

 

板を斜めに張るのが ブーム。

古い家は 特に斜めに張りたくなってきます。

すじかい効果があると期待しています。

 

「どのくらい丈夫になっているのかな。」

「ほんの少し。」

としか言えません。

 

 

 

 

 

 

2019年2月5日

村上製作所

カテゴリー: おもしろ仕事

木は薄くスライスすれば、ある程度は曲げることが出来ます。

しかし、それなりのものを曲げるには知恵と技術が必要となります。

 

ちょうどその時、木を大胆に曲げようと企む大工がいました。

村上親方です。

 

“ウィンザーチェア”という曲木加工をしてつくる椅子作りの研究から帰ってきて、

こう言いました。

 

“木は曲がる”と。

 

試作として、雨樋を利用した、小さな温水加熱システムを開発しました。

お湯で温めることで、小さな木は曲げることが出来ました。

 

しかし、村上製作所はもっと大胆不敵に木を曲げようと企んでいました。

 

川崎重工と共同開発し、ついに、建築のキーデバイスである4m材を曲げることが可能となる、サーモスタット付きスチーム加熱システムを完成させました。

 

作業場の外に設置され、上田板金さんによる、端材板金ブリコラージュ仕上げが施されました。

 

“俺はこういうセンスとかわかんね~”と言いながらも、

余った材料を組み合わせた、ツートンカラーの配色と蓋の裾口からチラッと魅せる挿色の赤がなんとも洒落ています。

 

この装置は下部の水槽に貯めた水を加熱沸騰させ、発生する蒸気で木を蒸します。

室温は限りなく100度まで上昇します。

そして、装置から漏れ出す蒸気でお肌はプルンプルン。

 

高温で蒸すことによって、木は自由な形に曲げることが可能となりました。

 

そう、木は曲がるのです。