ブログ

2020年2月11日

棟札ありました!

カテゴリー: 建築いろいろ

今日は 日曜日ということもあり フォトグラファーの 坂下さんと古民家の撮影をしました。僕が アシスタントで 邪魔なものが映り込まないように そそくさと小屋裏を移動していると、あれ?左手前の束に打ち付けてある板は?

btrhdr
The wooden tag of the building history

木っ端のようなすごくちゃちな板が 束に打ち付けられているのを発見。前回探したときは 何もなかったはずなのに、どうして見逃していたんだろう。 こう見ると目立ちますね。

 板の釘を慎重に抜いてみると 裏に 墨書がありました。この釘を抜いたのは僕が初めてと思います。

Completion of construction in 1804

「文化元年 甲子三月大吉日」とあります。調べてみると 1804年ですので築216年ということがわかりました。裏に住むのおじさんは 250年と言ってましたが・・・。 誤差の範囲でしょう! この棟札は 角釘でしっかりと打ち付けてあったので、216年ぶりに外されたのです。

2020年2月1日

古民家の解体Ⅱ(2/8日で)

カテゴリー: 建築いろいろ

 この古民家は 台風で 茅を覆っていた板金屋根が 飛ばされただけで 住めないから壊すというわけではありません。

状態はいいけど 壊さざるを得ないという家です。

 竹小舞の状態をみてみたいなぁ と思っていました。 土壁を壊すときガシガシ壊すと竹小舞もバラバラになってしまうのですが みんな丁寧に壊してくれました。なんかきれいでしょ。

the structure of thatched roof

2/8(土)に見学したい人が見れる日にしたいと思います。連絡不要ですのでお気軽にお越しください。

 週明けの10日から茅を下ろし始めようと思っています。茅を下ろし始めると 煤がすごくて 真っ黒になってしまいますので 近づかないように!

sooty face

 茅を下ろすのは 「千倉の古民家」以来です。実はあの時、「茅下ろし」という作業をなめていました。何の策もなく、森田さんとぼくと若者と三人で 茅を2tダンプに積んで畑に捨てるというのを 1週間以上やっていた記憶があります。屋根から茅をぬいてもぬいても なかなか茅がへらなくて・・。

thatched roof replacement

今回は秘策がありますので 4日で終わるだろうと思っています。そんなわけで 茅下ろしアルバイト募集してます!