ブログ

2017年10月3日

お知らせ「ちばの木と森と家を巡るバスツアー」

カテゴリー: お知らせ

おしらせです。

弊社は「ちばの木づかい協議会」がつくる「ちばの木の家」の施工工務店として参加しています。

この度10月21日土曜日、
実際にちばの木の伐採を体験していただき、また丸太から建築材になるまでの工程やモデル住宅などの見学会あわせて開催します。

詳しいことは

バスツアー案内 http://senmorinoie.jp/2017/08/28/「ちばの木と森と家を巡るバスツアー」を10月21日/
ちばの木の家 ウェブサイト http://senmorinoie.jp
バスツアーちらし

ご参加お待ちしております。

 

2017年8月7日

海辺のオートキャンプ場

館山の 大賀にある 旅館「海紅豆」の敷地内に オートキャンプ場がオープンしました。

敷地の目の前が 砂浜の好立地のキャンプ場です。

今回 トイレ棟とシャワー棟を 新しく作って

快適に キャンプ・バーべキューができるようになりました。

トイレ 洗い場

シャワールーム

館山の海は 夕日が名物で  晴れた日には 富士山が 赤く染まって きれいです。

ここの海岸は 砂浜と岩場があるので シュノーケリングやビーチコーミング を楽しむことができます。

しかも あまり有名な海岸ではないので 人も少なめです。

キャンプ場は 休日は 結構混んでいるので 平日が狙い目か?

2016年3月28日

千森の家(千葉県森林組合の家)

カテゴリー: お知らせ

此度 千葉県森林組合の木を使って建てる家「千森の家」が発表されました。

この家は アトリエハルさんに 企画デザインしてもらった 規格型の住宅になります。
今までは 建築家に 隅々まで デザインしてもらうような高い住宅か 既製品を 選んで取り付けていくような 安い住宅しか選択肢がなかったように思います。この「千森の家」が 三つ目の選択肢になればと思っています。
敷地に余裕があるような田舎の住宅であれば 建築家に設計してもらう必要ないんじゃないかなと思います。
地元の木を使って 丈夫で長持ちする木構造。単純な木の箱がいいよね。変に仕切られてなくて大空間。でも大空間は寒いので 断熱はしたい。それと変な建材は使ってほしくない。

3/25日の新聞折り込みチラシに 「千森の家」のチラシを入れてくれたそうなのですが 予算の関係上人口密度の高い 地域にしか 配布されないようですのでここに掲載しておきます。


先着5名様 無料特典! 詳しくは「千森の家」へ

2015年5月9日

完成見学会

カテゴリー: お知らせ イベント

急では ありますが 明日 5/9日(日)完成見学会 を開催します。 お時間のある方は 足を運んでみてください。

この家は NPO法人「ちば山」というグループの材木屋さんの 家であったので 木材は 千葉の山の杉、檜を 天然乾燥させてストックしてある材料を 使わせて もらいました。 天然乾燥材は 色艶がよく 刻んでも しっとりとしていて 刃物も よく切れてくれます。構造材を 天然乾燥で ストックしているところは ほとんどないと思います。需要はあるのですが 採算が合わないので やる人がいないのです。

一般的に使われる 構造材である 米松は 大きさも(断面)、長さも 自由になるので 設計する人も 作る人も ついつい 米松や集成材に 頼っちゃうんです。
「ちば山」で 材料をストックしてあるといっても 長さは3m、4m がほとんどです。そして そんなに大きな断面のものもありません。ですから これらの材を 上手く使いこなすには 設計の段階から 「ストック材で建てる」という 決意がいりますね。

2015年3月4日

補助金のこと

カテゴリー: お知らせ 木材
タグ:

省エネ住宅ポイント制度がスタートしました。

エネ住宅の新築やエコリフォームの普及を図るとともに、消費者の需要を喚起し、住宅投資の拡大を図る事を目的とし、一定の省エネ性能を有する住宅の新築やエコリフォームに対して、様々な商品等と交換できるポイントを発行する制度

対象となる新築は「平成26年12月27日」以降に工事請負契約したもので、かつ、着工は契約締結日~平成28年3月31日のエコ住宅です。
また、リフォームでは
「①窓の断熱改修」又は「②外壁、屋根・天井又は床の断熱改修」又は「③設備エコ改修」のいずれかの工事が必須です。
(省エネ住宅ポイントウェブサイトより抜粋)
条件により、申請方法などが異なります。
ご不明な点がありましたら、弊社もしくは 省エネポイントウェブサイト へ。週末から開催される展示の家具工事、格闘してます….

2014年2月20日

補助金のこと

カテゴリー: お知らせ

側道にまだ雪が残る館山道を走り、講習会に出かけました。

これは、既存住宅ストックの質の向上および流通促進に向けた市場環境を醸成し、それらの取り組みの普及を図ることを目的にしています。つまり国が定めたいわゆる長持ちするいい家の基準を満たすように改修された住宅は、改修費用の補助が受けられます。ただし、改修前の住宅の劣化状況の調査を専門家がし、それに対しての改修工事、そしてその工事履歴の作成とその住宅を今後維持保存する計画の作成を行う必要があります。
もひとつは「住まい給付金」についてですが、消費税率引き上げによる住宅取得者の負担をかなりの程度緩和するために導入を予定している制度です。
途中、先月上棟した現場に寄ってきました。コンパクトな、可愛らしい印象を受けました。二階からは富士山が見えるそうです。春の完成が待ち遠しいです~
(S)