鎌倉の家 – 2階に明るい生活空間を

設計:村上建築工房(宮本藍子)
施工責任者(棟梁):村上幸成

家が建て込んだ住宅地にある家ですが、2階にリビングダイニングをもっていくことで、日当りのよい気持ちのいい生活空間ができました。収納や家具も、住む人の使いやすさを考えて大工がつくりつけ、トータルにコーディネートされた木の家になりました。

kamakura_01
塗装した木のベランダともなじむ、あたたかみのあるオレンジ色の外観の家です。ベランダの下がそのままカーポートになっています。

kamakura_02
玄関からリビングダイニングへと上がる階段。二階から陽が燦々と降り注いできています。

kamakura_03
大きなガラス窓で木製のバルコニーにつながるリビング。片流れの屋根で、天井の高いところには丸窓もついていて、開放的な感じです。

kamakura_04
壁には天然木の厚板の天板を据えたカップボードを造り付けました。テレビを採寸してつくったので、スッキリとおさまっています。右奥はダイニング、キッチンへとつながっています。

kamakura_05
大工のつくった厚板のダイニングテーブル。軽やかな感じにしあげました。間仕切りと飾り棚を兼ねた格子の向こうは、キッチン。家具や収納を後からもちこむのでなく、大工がつくることで、素材やデザインに一このような統一感や連続性をもたせることができます。

kamakura_06
1階の風呂場と脱衣所。

kamakura_07
洗面台や棚類も、大工がつくったものです。

目次
閉じる