ブログ

2017年10月19日

千葉県森林組合のバスツアー。

千葉県森林組合の バスツアーが 10月21日に開催されます。(申し込みまだ間に合うかも) 村上建築工房からは 稲吉サンタローが参加しますのでよろしくお願いします。

鈴木左官さんとサンタロー 荻窪で自炊

サンタローは 京都出身の27歳で 大阪の大学を卒業後 職人の道へ入りました。もう5年目の職人なので 一人で現場を仕切ることもあるアップカマーです。家作りの疑問、質問ありましたら 声かけてください。

「その土地の気候・風土で育った木でつくる家は丈夫で長持ちします。」とよく言われますが 「本当にそうなの?」と聞かれると 「はい間違いありません。」とは言いづらいです。「たぶん、昔から 言われているし、尊敬する大工も・・・。」

ちばの木で家を建てると 自分が払ったお金が 身近な山の 整備や保全に少し役にたちます。と これは もごもごせずに 言えそうです。

2017年10月3日

お知らせ「ちばの木と森と家を巡るバスツアー」

カテゴリー: お知らせ

おしらせです。

弊社は「ちばの木づかい協議会」がつくる「ちばの木の家」の施工工務店として参加しています。

この度10月21日土曜日、
実際にちばの木の伐採を体験していただき、また丸太から建築材になるまでの工程やモデル住宅などの見学会あわせて開催します。

詳しいことは

バスツアー案内 http://senmorinoie.jp/2017/08/28/「ちばの木と森と家を巡るバスツアー」を10月21日/
ちばの木の家 ウェブサイト http://senmorinoie.jp
バスツアーちらし

ご参加お待ちしております。

 

2016年3月28日

千森の家(千葉県森林組合の家)

カテゴリー: お知らせ

此度 千葉県森林組合の木を使って建てる家「千森の家」が発表されました。

この家は アトリエハルさんに 企画デザインしてもらった 規格型の住宅になります。
今までは 建築家に 隅々まで デザインしてもらうような高い住宅か 既製品を 選んで取り付けていくような 安い住宅しか選択肢がなかったように思います。この「千森の家」が 三つ目の選択肢になればと思っています。
敷地に余裕があるような田舎の住宅であれば 建築家に設計してもらう必要ないんじゃないかなと思います。
地元の木を使って 丈夫で長持ちする木構造。単純な木の箱がいいよね。変に仕切られてなくて大空間。でも大空間は寒いので 断熱はしたい。それと変な建材は使ってほしくない。

3/25日の新聞折り込みチラシに 「千森の家」のチラシを入れてくれたそうなのですが 予算の関係上人口密度の高い 地域にしか 配布されないようですのでここに掲載しておきます。


先着5名様 無料特典! 詳しくは「千森の家」へ