ブログ

2021年7月19日

古民家をリノベーションして宿泊施設へ

カテゴリー: 現場だより
We renovated a old house and change to accommodation

築80年の古民家を リノベーションしました。担当は椎野さんと小川さんです。

 古民家は一般的に田の字プランが多く各部屋が廊下を介さずに隣り合っていて、このままでは宿泊施設としてはちょっと使いにくいのです。隣の部屋を通てトイレに行くとか、 食堂に行く、となってしまうので うまい間仕切りやローカが必要になってきます。 

open room and wooden partition

 うまくいったかな? 左が間仕切りローカで 右が客室となります。間仕切り建具を開け放すと大きな一部屋になり 間仕切りを閉じると個室になります。

 水廻りは 清潔感のある 最新の設備です。古民家の宿と言っても この辺りは外せません。

Guests cook by themselves

富津市にある ㈱丘の鐘撞社さんが運営する予定です。ぜひ活用してください。

2021年6月22日

布良崎神社の修理が終わりました。

カテゴリー: 建築いろいろ

おととしの台風で 壊れた布良崎神社の修理がようやく終わりました。

倒れかかった神社を起こして 突っ張り棒を入れて。なんだかんだと一年以上かかってしまいました。

the shrine tilted by the typhoon

このような本瓦葺きの神社は頭が重いので 一般的には 「地震には弱いけど 台風などの強風には強い」と言われています。

でも よく倒れずにもちこたえてくれたなぁ と感心してしまいます。耐震要素がほとんどないので 木組みと落とし込み板で 耐えたのです。もう一つ、床下には こんなに太い木が使われていてこれも倒壊を免れた一つの要因じゃないかと思います。

The thick woods under the floor of the shrine

 今回の修理を簡単に説明すると 傾いた拝殿内部に 木造で頑丈なフレームを作り、これと拝殿の柱や梁に金物で緊結することによって 耐震性能を上げています。

Making the frame inside the shrine

 今まであった格天井や床板はそのまま再利用したいので 古い材料を丁寧に取外します。 そして修理が終わったら 再び元のように取り付けるのです。天井は新しい柱などが加えられたので 新材と旧材の取り合いが難しい部分がたくさんありましたが 大工鈴木さんがきれいに納めてくれました。

先日 宮司さんから 「思ったより早い復興ができて 良かった。」とのこと。あの台風から1年半ですから 決して早くはないと思うのですが、ちょっとホッとしています。

2020年5月31日

ミノワ杉

友達で 農家の美濃輪さんの家をリフォームしていた時に 

設計は渡辺英さん、大工は筒井さんという チームでのリフォームでした。
このお話は 後ほどお伝えします。

「うちの山に生えている杉の木を 売りたいのだが 見てくれないか」という相談を受けました。こんな話はたまにありますが 大抵は 「買った方が安いよね。」という一言で終わってしまいます。

 

しかし美濃輪さんの山は 山武にあり 有名な山武杉の産地であります。そして直径1mを超えるような大木もあると言います。

 じゃあ ということで 現場にいた大工筒井さんや 木こり 宮地ケン と一緒に山に行ってきました。道路より一段低いところである土地は 山というよりは 谷という感じ。また 管理はされてなくて 長い間 放置されていたのが見て取れます。

 周りの地主さんたちも 立木の値段は 低迷していて よほどの木でないと お金にはならないのを知っています。大木が何本かあっても ぼくらが自分で使う 量はたかが知れているので ケンの親方 山田さんに 見てもらうこととなりました。

山田さんは てきぱきと 高樹齢の木の太さや 長さを目視して お金をはじいていきます。樹齢300年の山武杉ともなると結構な金額になるのですね。

山田さん「細い木は 出しづらいので やめたほうがいい」という。僕が使うのは その細い木ほうなので ここで 手をひいちゃうと つまらないし ここは しつこく食らいついたほうがいいと 直感的に感じたので なにか作戦を立てよう。

 地元の木で建築する場合にネックとなるのが 長い木がないということ。3m、4m、材はあるのですが 5m、6mの長尺物は貴重で 高価なのです。なので とりあえず全部6m材がとれるように 玉ぎっちゃおう という作戦で行くことにしました。

 ちばの木は 水腐れなどが多く 実際に使える木は 3割くらいと言われています。6mの良材が取れる350本ぐらいの木を伐採、製材してもらいました。全部6mの長さの構造材で6寸、8寸、1尺材。

ミノワ杉は すでに現場で 使われています。生っ木ですが ぼくは平気の平左で使っています。少々葉がらし期間が長かったので 所々虫食い穴があります。丸みもあります。そんな欠点もありつつ しびれるような良材があるのです。

牛屋さんの家の車庫は「ミノワ杉」。ほぼ赤身無節の1尺材。こんな6m材はめったにありません。
宮下さんの家屋根修理「ミノワ杉」で補強。6mの1尺材でしかも生っ木。めちゃくちゃ重いです。
2019年1月7日

今年のスローガンと「富浦の家」

カテゴリー: 建築いろいろ

2019 も始まりました。

今年はどんな年にしよう・・。

美濃輪製 門松

 

去年は確か 年の初めに

出し惜しみはしない」というスローガンを掲げて

始まったんだっけ。

途中何回か 岐路に差し掛かった時に

このスローガンを思もいだし方向を決定したこともあるぐらいだから

それなりの効果はあったと思う。

 

というわけで

今年のスローガンは

端材を活かす

としたい。

 

現場では端材が結構でる。

しかも下手な職人が仕事すると余計にでる。

 

定尺材4mのうち使うのは 3.6mで40cmの端材が常に出るということ。

この40cmで何を作るか?

 

 

「かわいい」

「ほしい」

と言われるものを 作りたい。

端材+新感覚+加工= ほしいもの

 

この新感覚の部分を 意識する一年としたい。

良いものができたら 発表します!

 

今年の仕事始めは 地鎮祭。

「富浦の家」

btrhdr

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

設計は 長谷川康孝

「富浦の家」は 広いオープンなスペースを家の中心に配置し、

家族が楽しく過ごすことがべきるように考えました。

プライベートなスペースはほんとに小さくて「こもる」 という言葉がぴったりときます。

そしてここからの眺めが結構よくなるのではと思っています。

 

 

2018年9月8日

女子職人

カテゴリー: 建築いろいろ

女子職人は 昔から増えているのだろうか?

ぼくの中では そんなに増えてきたという実感はないです。

 

ぼくらの周りには 二人の女子職人がいて その女子たちが 独特の良い雰囲気を かもし出しているので ご紹介。

安達左官の安達さん。久住左官を卒業して 独立。

左官は人数がいないと仕事にならない場合が 結構あるのですが

そんなときも 腕利きの左官職人を集めて仕事をこなしています。

 

細かくてチマチマしたところは 自分で回り 大きくて はかどる部分は 職人(男)にまかせるスタイルで 仕事を進めている。

おじさん職人も安達親方の指示に 笑顔で答えてます。

こんな仕事の仕方が できる女子職人の一つのモデルだろうなぁ と思っています。

僕の友達大工の 鴫原さんも 安達左官に仕事を頼み始めたので 忙しくなってしまうかも。

 

 

 

もう一人は ㈱庭みち の小野さん。京都で6年修業した 植木屋さん。力持ちです。

庭を設計して施工する仕事がメインで 設計事務所や工務店の仕事をしています。

設計士さんも樹木 草花のことに詳しい人があまりいないので

小野さんの提案には かなり助かっているんじゃないかな。

 

植木屋さんは土木作業が半分以上なので 結構大変。

人手がいる時は 彼女も職人仲間の男衆を集めて 仕事をするのですが

小野さんの場合は 率先して現場を引っ張るタイプか。

歯に衣着せぬ はっきりした指示出し。

僕も彼女の手元で 土掘り、石の運搬や生コン打ち等をしましたが 心地よい疲れでぐったり。

女性に引っ張られて仕事するのもいいもんです。

これも 仕事のできる 女性職人の モデルといえるでしょう。