ブログ

2019年1月7日

今年のスローガンと「富浦の家」

カテゴリー: 建築いろいろ

2019 も始まりました。

今年はどんな年にしよう・・。

美濃輪製 門松

 

去年は確か 年の初めに

出し惜しみはしない」というスローガンを掲げて

始まったんだっけ。

途中何回か 岐路に差し掛かった時に

このスローガンを思もいだし方向を決定したこともあるぐらいだから

それなりの効果はあったと思う。

 

というわけで

今年のスローガンは

端材を活かす

としたい。

 

現場では端材が結構でる。

しかも下手な職人が仕事すると余計にでる。

 

定尺材4mのうち使うのは 3.6mで40cmの端材が常に出るということ。

この40cmで何を作るか?

 

 

「かわいい」

「ほしい」

と言われるものを 作りたい。

端材+新感覚+加工= ほしいもの

 

この新感覚の部分を 意識する一年としたい。

良いものができたら 発表します!

 

今年の仕事始めは 地鎮祭。

「富浦の家」

btrhdr

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

設計は 長谷川康孝

「富浦の家」は 広いオープンなスペースを家の中心に配置し、

家族が楽しく過ごすことがべきるように考えました。

プライベートなスペースはほんとに小さくて「こもる」 という言葉がぴったりときます。

そしてここからの眺めが結構よくなるのではと思っています。

 

 

2018年9月8日

女子職人

カテゴリー: 建築いろいろ

女子職人は 昔から増えているのだろうか?

ぼくの中では そんなに増えてきたという実感はないです。

 

ぼくらの周りには 二人の女子職人がいて その女子たちが 独特の良い雰囲気を かもし出しているので ご紹介。

安達左官の安達さん。久住左官を卒業して 独立。

左官は人数がいないと仕事にならない場合が 結構あるのですが

そんなときも 腕利きの左官職人を集めて仕事をこなしています。

 

細かくてチマチマしたところは 自分で回り 大きくて はかどる部分は 職人(男)にまかせるスタイルで 仕事を進めている。

おじさん職人も安達親方の指示に 笑顔で答えてます。

こんな仕事の仕方が できる女子職人の一つのモデルだろうなぁ と思っています。

僕の友達大工の 鴫原さんも 安達左官に仕事を頼み始めたので 忙しくなってしまうかも。

 

 

 

もう一人は ㈱庭みち の小野さん。京都で6年修業した 植木屋さん。力持ちです。

庭を設計して施工する仕事がメインで 設計事務所や工務店の仕事をしています。

設計士さんも樹木 草花のことに詳しい人があまりいないので

小野さんの提案には かなり助かっているんじゃないかな。

 

植木屋さんは土木作業が半分以上なので 結構大変。

人手がいる時は 彼女も職人仲間の男衆を集めて 仕事をするのですが

小野さんの場合は 率先して現場を引っ張るタイプか。

歯に衣着せぬ はっきりした指示出し。

僕も彼女の手元で 土掘り、石の運搬や生コン打ち等をしましたが 心地よい疲れでぐったり。

女性に引っ張られて仕事するのもいいもんです。

これも 仕事のできる 女性職人の モデルといえるでしょう。