ブログ

2019年11月18日

お疲れ様でした

カテゴリー: 現場だより

昨日は お疲れさまでした。

建築作業は楽しいんですね。改めて思いました。

 

 

                   

作業は プロフェッショナル左官が3人と 素人10人ぐらいが出たり入ったりで

スムーズに進行しました。

昔からある 建築材料は  ちょっと教えてもらうと

誰でも出来てしまう作業が多いのです。

土は塗った時がすごくみずみずしくて きれいで現場がガラッと変わりました。

 

壁はほぼ塗り終わって 土もほぼ使い切って 気分よく 本日は終了です。

 

土はジャストの量でした。足りなくても余っても 面倒になります。

 

明日から1週間休みをもらって サーフィン合宿に行って参ります。

心身ともに鍛え直してきます!

村上

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年11月16日

いよいよ明日の現場状況

カテゴリー: 現場だより

11/17日曜日の完成見学会&土塗りワークショップが明日となりました。

 

「冨浦の家」完成見学会

オープンキッチン。みんなで作ってみんなで食べる。

作業台でもあり 食卓でもあるテーブルは使いやすそう。

明日のために掃除中。

外部はモルタル掻き落し+焼き杉板。

杉を焼くのは慣れてきました。すごく段取りよく焼いていて、チームワークもいい。

「売れるんじゃないか?」と。

それはないよ 世間知らず君。

 

 

三坂の家 「土塗りワークショップ」

本日、試し塗り。

土も程よく発酵して くさいです。

子供たちもどのくらい塗れるのか お試し中。

 

高いところはプロにお任せ。鈴木左官さんです。

鈴木左官さんは瓦も葺けるので 台風以来、超多忙です。

「久しぶりに 土が塗りたい」という。

 

 

では 興味がある方は お待ちしています。

 

 

2019年11月11日

11/17土塗りワークショップ

カテゴリー: 現場だより

11/17日曜日に 完成見学会と 土塗りワークショップを開催しますので 興味のある方は メールください

「土塗りワークショップについて」

一般的に 予算がなくて 家を建てようとすると

十中八九 建売住宅のような家ができてしまいます。

「そういう家はいやだなぁ。どうしたらいいの?」

というときに

「古建具ならもらってこれるよ。」

「中古の墓石なら タダだよ」

「断熱材はもみ殻でいいんじゃない?」

というような議論を重ねて進んできた「三坂の家」プロジェクト。

コンセプトは

「もらってくる 拾ってくる」です。

 

土塗りワークショップは 「拾ってくる」部分のクライマックスと言えるでしょう。

土を 内装仕上げ塗として使ってみます。

どうなるかな?

 

土作りはお施主さんが担当で 左官屋さんのアドバイスの下

ワラを混ぜてコネコネして作りました。

当日は 安達左官(結婚して柴田左官になりました!)と

晋作左官(数か国語を話せる)に協力してもらいます。

場所 南房総市三坂

日時 11/17日曜日 8:00~16:00くらいまで

持ち物 作業着 (泥んこになってしまうと思います。)

お昼は お施主さんが用意してくれるはずです!

 

btrhdr

2009年6月16日

砦の家 完成見学会へ行ってきました。

カテゴリー: イベント

先日ブログでお伝えした、
砦の家 の完成現場見学会に行ってきました。

『土』を得意とする建築家だけあって、左官仕上げの壁は見ごたえのあるものでした。
たとえば・・・

内装の仕上げが、灯りをつけることで

このように表情が変わります。

木工事では
ジグザク壁や、それにつく建具など・・・

夜は施主さん・建築仲間があつまり
今回の工事がどのようにしてかたちになっていったのかという過程など、ものづくり談議の宴をとなりました。

設計 日置拓人+南の島工房
施工 村上建築工房

2008年11月25日

砦の家 現場便り

カテゴリー:
タグ: ,

鎌倉の家は「土の家シリーズ」ということで、設計事務所の所員さんが作業場でいろいろな準備をしています。


この週末は泥壁に混ぜる藁を近所の農家からわけてもらい、細かく切る作業をしていました。
『押し切り』という包丁を上にむけたような形の刃物で、ざくっざくっと10センチ程の長さに藁を切っていきます。これを荒壁の土に混ぜて、塗ります。

ビニル袋に藁を詰め準備は完了。ここからは現場での作業になります。お疲れ様でした!<S>