ブログ

2017年7月1日

富津の家 上棟

カテゴリー: 現場だより

富津の家が 上棟しました。

ちょっと上棟遅れましたが 遅れてよかったことが一つ。

ちばの木の家推進事業」に選ばれたこと。ギリギリセーフで。

千葉県に生えている杉やヒノキを使って 家を建てると 運が良ければ選ばれます。

ちば県は 林業が盛んではないので ちょっと 地元の材が 使いにくい部分があるのです。

だから 県や市が 少し応援してくれるんです。

 

ちょうど田植えの終わった 田園風景のなかに 木組みの家が 建つ様は なかなかきれいなものです。

屋根仕舞い。、きれいに行ってますね。

この後 アルミサッシなんかがごちゃごちゃついてくると  ちょっと うるさくなってきます。

が、外壁が木の横張なので 完成すれば 周りの緑に溶け込み 良い感じになるんじゃないかな?

2017年5月23日

富津の家

この富津の家は 木の伐採から 家作りが始まった家です。

これは 結構工期が長い家作りのパターンです。 木を切って乾燥させて 製材して 乾燥させて 木を加工(刻み)していきます。それが終わって やっと棟上げ。

よい木ですね。60年から100年生くらいの木を伐採。この時にはまだ 計画はおぼろげにしか決まっていなかったのです。 一つのステージが終わってから 次に進むというよりはあやふやなものがありつつも 次のステージに進んでしまう感じです。(これはうちのパターン)

伐採は 植物を材料にして 家を作っていく実感がありますよね。

設計は 長谷川康孝。  職人っぽい設計をお願いします。

 

2016年2月16日

職人設計ワークショップ

カテゴリー: イベント 作業場にて

最近は 大工が住宅を設計して 自分で作る ということは 本当に少なくなってきていると思います。一昔前は 普通に行われていましたが その地域はみんな 同じような家(間取り) でできていたために成り立っていた部分もあります。 設計していたというよりは ある一定のパターンをアレンジすることによって 成り立っていたのだと思います。
設計と施工が 分業になって 設計するのは設計士 作るのは大工となっています。 こんな分業が 大工の 「ものを作る」という能力も 少なくしているような気がしています。

そこで職人設計ワークショップ を開催するべく アトリエ ハル の 二宮さんに 講師をお願いしました。
実際のお敷地を使って 設計します。実際のお施主さんもいます。(ありがとうございます)

第一回目(1/11) まずは 人の話を よく聞くことからです。 施主の要求を 自分の都合の良いように 解釈しないこと。敷地あっての 建物であるので 敷地の特性を 考えよう。
第二回目(2/11)は 自分が考えてきたプランを 発表。みんなで講評し合って 修正しました。みんな自宅に似てないかい?
勉強の後は 懇親会。ケータリング料理は米山さん

次回、第三回目は 模型を作って プレゼン。発表会。
これをワンクールにして 何回か勉強すると 力がついてくるんじゃないか?(大工が物を作る能力)