ブログ

2019年11月16日

いよいよ明日の現場状況

カテゴリー: 現場だより

11/17日曜日の完成見学会&土塗りワークショップが明日となりました。

 

「冨浦の家」完成見学会

オープンキッチン。みんなで作ってみんなで食べる。

作業台でもあり 食卓でもあるテーブルは使いやすそう。

明日のために掃除中。

外部はモルタル掻き落し+焼き杉板。

杉を焼くのは慣れてきました。すごく段取りよく焼いていて、チームワークもいい。

「売れるんじゃないか?」と。

それはないよ 世間知らず君。

 

 

三坂の家 「土塗りワークショップ」

本日、試し塗り。

土も程よく発酵して くさいです。

子供たちもどのくらい塗れるのか お試し中。

 

高いところはプロにお任せ。鈴木左官さんです。

鈴木左官さんは瓦も葺けるので 台風以来、超多忙です。

「久しぶりに 土が塗りたい」という。

 

 

では 興味がある方は お待ちしています。

 

 

2019年11月11日

11/17土塗りワークショップ

カテゴリー: 現場だより

11/17日曜日に 完成見学会と 土塗りワークショップを開催しますので 興味のある方は メールください

「土塗りワークショップについて」

一般的に 予算がなくて 家を建てようとすると

十中八九 建売住宅のような家ができてしまいます。

「そういう家はいやだなぁ。どうしたらいいの?」

というときに

「古建具ならもらってこれるよ。」

「中古の墓石なら タダだよ」

「断熱材はもみ殻でいいんじゃない?」

というような議論を重ねて進んできた「三坂の家」プロジェクト。

コンセプトは

「もらってくる 拾ってくる」です。

 

土塗りワークショップは 「拾ってくる」部分のクライマックスと言えるでしょう。

土を 内装仕上げ塗として使ってみます。

どうなるかな?

 

土作りはお施主さんが担当で 左官屋さんのアドバイスの下

ワラを混ぜてコネコネして作りました。

当日は 安達左官(結婚して柴田左官になりました!)と

晋作左官(数か国語を話せる)に協力してもらいます。

場所 南房総市三坂

日時 11/17日曜日 8:00~16:00くらいまで

持ち物 作業着 (泥んこになってしまうと思います。)

お昼は お施主さんが用意してくれるはずです!

 

btrhdr

2019年10月5日

異国の木組み

カテゴリー: 建築いろいろ

サンタローがうちをやめてから もうすぐ1年経つんですね。

彼はカナダで大工をやっているのかな?

詳しいことは知らないのですが 小包が届いた。

その中に カナダの大工教科書 的な本が3冊入っていた。

btr

フランス語で書いてあるので 図を見て判断するしかないのですが

結構よくわかります。立体の木組みを平面で説明しているので

似たような展開図が出てきます。

サンタローが作った 木組み模型。

btr

これはちょっとまねできないですねー。

すごいなぁ。うらやましいなぁ。

こういうのを やる時間と気力がほしい今日この頃。

2019年9月29日

台風被害(備忘録)

カテゴリー: 建築いろいろ

台風の被害によって いろんな人からメールなどをいただきまして ご心配おかけしました。

あまり返事をしてこなかったのですが先ほど 光ケーブルもやっと開通して

ネット、テレビ、電話もつながりました。

備忘録としてブログを書いておこうかと思います。

 

台風が来る前はそんなに大きいという報道はなかったですよね。

その日は 久しぶりに海で遊んで クタクタになって帰ってきたのですが、

ラジオニュースでは 今回の台風は結構強いぞ!という報道になっていました。

現場の様子も心配だったので夕方ブラっと現場廻りをして 早めに就寝。

 

夜中の2時ごろに 自宅玄関の引き戸が 強風で家の中に飛ばされて

ガラスが飛び散っているという。

行ってみたが 風が強くて 危ないし 停電してるし

「今出来ること何にもないよね?」ということで 二度寝。

朝 5時ぐらいに 知り合いから「風で屋根がめくれたから 見に来てくれ」という電話で目覚める。

「早いなあ。」と思いつつ起きると 家の中の玄関周辺が ひどいことになっていました。

そして 庭先から作業場の方を見ると 作業場のやねが!

作業場にはお施主さんからの預かり物がたくさんあるので 雨の前に屋根をふさぎたい!

この日は作業場の屋根を解体しようとしましたが、 人力では不可能と判断し

翌日レッカーで屋根解体。

 

作業場の屋根が治った頃 暑さでみんなダウンしてしまいました。

台風の後フェーン現象で 連日35度くらいありましたからしょうがないですね。

ぼくは日陰から指示出ししていたので 大丈夫でした。

災害復旧に必要な物資が全然なくて ブルーシートもないので

森田さんと 土嚢袋つくりでもしておこうか。  ノルマ100個/人。

土嚢袋を作ったのは 24年前の阪神・淡路大震災以来で、

その時は主に瓦の下の土を入れていました。多分1000とか2000とか作ったと思います。

軽トラが動かなくなる寸前までギュッと積んで走ってました。

 

5日目くらいに 近所の建材店にブルーシートが入ったと連絡がきたので 瓦のずれた家を回る。

屋根のブルーシートも淡路で張りまくってきたので だいたいやり方はわかっっていました。

 

btrhdr

停電がずっとつずいていましたが 水は出たので うちはそんなに大変ではなかったです。

毎日BBQで 子供も喜んでいましたし 冷蔵庫の中のものが4日目くらいまで大丈夫だったのです。

ぼくは暑いのに冷たい飲み物がなかったのが 辛かった。冷たいビールとか。甘えん坊ですね。

 

そんな時に 仕事仲間の 松延さんが 氷と焼酎をもって 駆けつけてくれた。

夜も飲んだくれて リフレッシュできました。

 

テレビで見た人も多いかと思いますが

館山の「海紅豆」という旅館の屋根が派手に飛ばされて 一躍有名になってしまいました。

海紅豆との付き合いは 17年前からで、「暇なときにリフォームしてくれ」と頼まれて、

2,3年に一回くらいの頻度でリフォームしてきたのです。

外部をリフォームするほどの予算はなかったのですが

今回けが人が出なくてほっとしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年1月7日

今年のスローガンと「富浦の家」

カテゴリー: 建築いろいろ

2019 も始まりました。

今年はどんな年にしよう・・。

美濃輪製 門松

 

去年は確か 年の初めに

出し惜しみはしない」というスローガンを掲げて

始まったんだっけ。

途中何回か 岐路に差し掛かった時に

このスローガンを思もいだし方向を決定したこともあるぐらいだから

それなりの効果はあったと思う。

 

というわけで

今年のスローガンは

端材を活かす

としたい。

 

現場では端材が結構でる。

しかも下手な職人が仕事すると余計にでる。

 

定尺材4mのうち使うのは 3.6mで40cmの端材が常に出るということ。

この40cmで何を作るか?

 

 

「かわいい」

「ほしい」

と言われるものを 作りたい。

端材+新感覚+加工= ほしいもの

 

この新感覚の部分を 意識する一年としたい。

良いものができたら 発表します!

 

今年の仕事始めは 地鎮祭。

「富浦の家」

btrhdr

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

設計は 長谷川康孝

「富浦の家」は 広いオープンなスペースを家の中心に配置し、

家族が楽しく過ごすことがべきるように考えました。

プライベートなスペースはほんとに小さくて「こもる」 という言葉がぴったりときます。

そしてここからの眺めが結構よくなるのではと思っています。

 

 

2018年12月5日

木の家のメンテナンスその2

カテゴリー: 建築いろいろ

家の外壁を木にする。のは最近は減ってきています。
昔は 外壁には 木を張るか 漆喰など左官かのどちらかでした。

昔の家の外壁が木で 古くて傷んでいるイメージがあり
「木の外壁は傷むから 今流行りの サイディングにしちゃって。」
と言われたりします。(田舎では特に)

が ちょっと待ってね。
80年メンテナンスしないでこれたのは 木が外壁として優れているから。
また木を張りましょうという。

右の倉庫は築80年。左の倉庫は築50年。 左倉庫の木の外壁はまだ傷みもないのでそのままに。

木の外壁は 色を塗ってもよいし、塗らなくてもよい。
色は お化粧程度に考えておけばいいんじゃないかな。

新築の時に木の外壁に色を付けて 定期的に塗り替えられる人はあまりいません。
外壁なので足場架けて塗装するのには けっこうお金がいるのです。

木の外壁にするのに 結構大事だと思うのは
・外壁に向いた木を使う
・軒先を出す。
ということ。
小雨が降った程度で 外壁が濡れるというのは あまりよくないです。

また外壁を木にする利点は
・外壁の傷んだ部分だけ取り替えられること。(部分修理)
・同じような木が 50年後もあるだろうということ。(修理可能)
サイディングじゃ 10年後には同じものがないですから。

修理できるように作っておく。
というのが 良い。