ブログ

2018年5月22日

南房総広告のレスポンス

カテゴリー: 建築いろいろ

~食器から大規模建築まで~ の広告を出して 初のレスポンス。

 

電話で「 南房総の広報見ました。」という うれしいお言葉。

 

古いテーブルの修理です(相当古いはず)

 

この仕事は ぼくらのところに来てよかった 部類の仕事だろう。

こんな仕事でやっちゃいけないのは ボンドでくっつけちゃうような修理。

 

天板と胴がコミセンで緊結され 胴と足は アリで つないであります。

壊れている原因も木の縮みと 木の割れで 構造も単純なので

修理方針もすぐ決まりお仕事開始。

 

分解しやすいように コミセンも一工夫。

なかなか ないようなものなので 大切にしてください。

 

次の修理もできるように 修理しておきました!

 

 

2018年4月25日

事務所の増築

カテゴリー: 建築いろいろ

事務所を増築することにしました。

昨今、工務店のデスクワークが すごく増えてきて

大工が パソコンを前に仕事をする時間が 長くなってきたのです。

このアングルから見ると4回目の増築。

 

20年前 南房総に 移り住んできたときは

こんなに広い土地 必要かな

と思っていましたが

増築を繰り返すうちに 道路境界線ギリギリまで

建築することになってしまいました。

 

この増築は ぼくの設計で

束の間ですが 設計屋さんの気分を 味わっています。

ある意味 施主であるとも いえますよね。

 

ぼくの欲しい空間を 鈴木大工・森田大工さんが 形にしてくれています。

本当に楽しくて 気分いいです。

「ここは こだわりたいので やり直してください。」とか

 

設計・施工も楽しくていいですが  施主・設計・施工がさらに いいねぇ。

 

もうすぐ完成。

 

2018年4月15日

広報みなみぼうそう

カテゴリー: 建築いろいろ

南房総市には 毎月1回 全世帯に配られる 広報誌があります。

館山市で言えば「だん暖館山」。

 

この広報の一番最後のページに 4コマ分の 広告スペースがあるのですが

そこに空きがあるといううわさを聞きつけ

じゃ広告でも打ってみようか!

ということになり 1年間広告出すことになりました。

 

1年間(12回)の連続広告だから

なにか 印象に残るような、連続性のあることできないか?

という思いもあり

「毎回、職人川柳でいこう。」

「手書きのスケッチで 手書き文字。 パソコン使わないようなの。」

「詩は?」

といろいろ考えましたが、

 

「奇をてらわないで いいんじゃないですか。」

 

という長谷川さんの意見により

 

毎月担当者を決めて 写真を1枚と短文を書く

という形に 落ち着きました。

 

一年間に 2回順番がまわってくる ということです。

 

プレッシャーのかかる1回目は 当然 長谷川さんです。

 

「食器から住宅 大規模建築まで

わくわくする仕事がしたい

この作業場でつくります。」

 

食器から って大胆でいいですねぇ。

でも スプーン頼まれたら どうしようか?

 

次は ぼくの番 だろうと思います。

次回は5月12日 発売です!

 

 

 

2018年3月15日

お知らせ

カテゴリー: 建築いろいろ

 

バタバタしていて お知らせが おそくなってしまいましたが、3月14日から 21日まで 研修旅行で 留守にしています。

長谷川さんと鈴木さんが 現場と事務所を 死守していますが

多分手が回らないと思いますので、お急ぎでない場合は

3月22日以降で お願いします。

2018年3月9日

木造倉庫

カテゴリー: 現場だより

そういえば 小さな 倉庫や車庫を木造で

と頼まれるのは 少なくなってきました。

館山で作っている倉庫。結構大きい。

 

ホームセンタ―に結構大きいものまで売っているからですかね。

木造で作ると 良い点が二つ

・長持ちすることと 傷んでも修理することができること。

・敷地内の景観を損なわない。母屋と外壁を統一したり、高さやボリューム感を抑えたりできること。

長い目で見ると 得ではないかと考えます。

白浜の家の車庫 外壁を母屋とお揃いに

 

小屋ブーム?と言われてますが ぼくらもそれには なにか提案したい。

 

2018年3月5日

富津の家 完成!

カテゴリー: 建築いろいろ

完成見学会に来ていただきありがとうございます。

お施主さんであるガラス作家の 田中さんの展示会との共催であったこともあり 沢山の方に来ていただきました。

ぼくも 養生が取れてから 見学会の朝 初めて見た「富津の家」は すごく素敵で 遊び心のある家だなぁ と少し感動。

「大工がまじめに作りました」という枠からは完全にはみ出してる。設計の長谷川がナイスな仕事をしたんだね。

作家である田中さんのセンスが 入っていのはもちろん。特にこれ。

プリズムガラス。夕方の西日を虹色に変える。コルビジェへのオマージュ by 田中雅樹

 

この家は ぼくの古材コレクションから 古建具を15本使いました。娘を嫁に出す気分。

特にこの そろいの 12本の建具は思い出深い。

浦和の同級生の実家で昭和3年に建てられた住宅についていました。

状態もよく 10年間以上保管。そろいの12本で使える場合以外は 嫁に出す気はありませんでした。

この古建具を田中さんに託し 高さ寸法や間取り 柱位置など 家の大きさを 建具に合わせて決めたといっても言い過ぎではありません。

二間続きの和室は 少しパブリックに使う予定。

 

 

リビングは 解放感があり その奥には 書斎スペースがあります。「冬は 寒いんじゃない?」 という意見も チラホラありましたが

「解放感と暖かさ」相反する場合が多いのです。どっちもとるのは お金がかかる。

冬は 少々寒くても 解放感のあるリビング という選択をしたのです。