ブログ

2012年11月15日

屋根仕舞い

カテゴリー: 建築いろいろ

先日上棟した 富津の家の屋根仕舞い。
この現場は、敷地内に超高耐久の建物がたくさんあります。そのため、新しい建物も何十年か経った時にその建物群に溶け込んでいってほしいと願っています。
瓦の下地の野地板を 斜めに張って 合板の代わりとしました。 筋違のように 面が歪むのを 防いでくれると思います。 いぶし瓦などのように 耐久性が高い建材の下地には やはり耐久性の高い無垢の下地材がよいと思う。
メーカーの作る新しい建材は 10年保証という基準で建材が作られているので 頼りすぎてしまうと 建物自体も10年保証ということになりかねませんね。 使わざるを得ないときも 多々ありますが・・・。
大工む